2007年10月25日

社員研修@某製薬会社

某製薬会社さんで一泊二日のリーダー研修をやってきました。今回の題材は、またもや「株式会社いろどり」です。ですが今回は通常のケースメソッド研修のようにケースをやって終わりというのではなく、いろどりのケースで学んだことを踏まえ、自分たちの業務にどうやって活かしていくのかということを、参加者のみなさんと丸一日かけて議論しました。なので、後半はケースリーダーと言うよりファシリテーターです。

P1020175.JPG

今回の対象は、これから中間管理職としてリーダーシップをとっていかなくてはならない立場の人達です。ケースメソッドでの研修なので、私が一方的に語るのではなく受講者に如何にしゃべらせるかがキモです。だから私はあまりしゃべらず、問いかけと相づちがメイン。

今回の受講者の皆さんはあんまりケースメソッドに慣れていらっしゃいませんでしたが、こういう参加型研修は新鮮だったようです。組織が大きいため、社内の人間とはいえ顔を合わせたことの無い人達とのディスカッション。ちゃんと発言がでるのか不安でしたが、最初こそ皆さん固くなっていたものの、途中からけっこうな本音トークになり、密度の濃い時間になりました。受講者の方が「何かに気付いた顔」「内省をしている顔」をしているのを何度か拝見したので、多少なりとも気付きを提供できたのではないかと思います。

ところで、私はよく話を引き出すのがうまいと言われますが、それはひとえに私が人の話を聞くのが好きだからだと思います。この人はどういう人なんだろう、何を考えているのだろう、という好奇心を常に持っているので、それが傾聴することに繋がり、話しやすい雰囲気に繋がっているのだと思っています。自分が話すより聞くほうが好きな人間が、こんな口で勝負する職業についていいものかと思っていましたが、それが却って強みになっているというのは面白いです。

posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

おしごと@福井(2日目)

3日目も福井ですが、今度は「経営幹部養成セミナー」です。昨日より年齢も高く、男性が多くを占めます。そんな方達に若造が何を教えられるのか、と思って昔はこういうシチュエーションってすごーく緊張したものですが、担当する研修の多くはこんな感じなので、今ではすっかり慣れました。むしろ年輩でキャリアも長い皆さんのコメントは鋭く、議論を深める批判的な視点も出るので、ディスカッションリードが楽しいです。今回もなかなか面白いディスカッションになりました。

このセミナーでは人材育成をテーマに、「東京ディズニーランド」と「株式会社いろどり」をやりました。「いろどり」のときに私が「このケースは、会社とは何かということを改めて考えさせてくれます」とコメントしたのを受けて、参加者のお一人が最後に「会社をどのようにお考えですか」という質問をして下さいました。なので、naiveだと思われるかな・・・と思いつつも、自分の考えをまとめるいい機会でもあったので、普段考えていることを述べさせていただきました。

要約すると、

「会社というのはCOMPANY、即ちCOM(共に)+PANY(パン)を食べる仲間というのが語源であり、利益が目的であると言う意味はもともと含まれていない。利益はパンを買うための手段かもしれないが、目的は一緒にパンを食べることであり、目的と手段を混同してはいけない。近代的経営とか合理主義とか株主至上主義などが重要だと言われるけど、IT業界や外資系企業、MBAなどを経験したからこそ、私は社員を大切にする日本的経営の良さがよく分かるし、今後もそれをきちんと評価して研究していきたい。」

ぬるいと言われるのかもしれませんが、こんな風にいつも思っています。

なお熱心に発言してくださった参加者のお一人(次期社長さん)が、「その言葉で、研修内容がよりよく分かりました」という趣旨のことを感想文に書いてくださり、嬉しかったです。

今回の研修も、本当に楽しく多くの学びをいただきました。研修は私が周りに与える以上のお土産を与えてくれ、私にとっても絶好の成長の機会になっています。

こんな素敵な機会を下さる福井の皆様、いつも本当にありがとうございます。この場を借りて御礼申し上げます。皆様にまたお会いできること、心から楽しみにしています!



posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

おしごと@福井(1日目)

2日目と3日目は福井です。以前からご縁のあるこの土地で、またもやケースメソッド研修の講師をさせていただきます。

今日はまず、流通小売の店長・オーナーさん向けセミナーです。今回の研修のために書き下ろした流通小売向けケース、「北村店長のスタッフ管理」「あるコンビニエンスストアの現金違算」を使いました。元コンビニチェーンのスーパーバイザーであるKBS同期に全面的に協力してもらって作ったこれらのケースは事実に基づいており、短くて読みやすくは作ってありますが、実は深いテーマも埋め込んであります。こういうぱっと見は何てことない事例から、ディスカッションを通して本質的な問題を暴いていくというのは、私が最も好むやり方なのです。

店長さんたちは普段自分の意見を人前で発表するという経験が少ないようで、最初は戸惑っているようでしたが、それでも徐々に慣れてきて発言してくださり、なかなか楽しいディスカッションになりました。人も数字も管理している小売店長さんって、すごーく大変な仕事だと常々思うのですが、彼らはそれがあまりに日常なのでその凄さをあまり認識していないように思います。なかなかできないことだと思うんだけどな・・・。せめて研修を通じて気付いていただけたらなあ、といつも考えています。また、私は小売現場での経験がほとんどないため、現場を仕切っている皆さんの話はとても勉強になりまして、今回もいろんな学びをいただきました。

その後、今回の研修のアレンジをやってくださっている株式会社大津屋KBSのケースにもさせていただきました)さんを見学にいきました。大津屋さんはずっと福井でコンビニ事業をやっていらっしゃるのですが、そこで蓄積したノウハウを活かし、小売業界で活躍する人材を育成する事業を始められたのです。現地を見せていただきながら、社長さんに事業のしくみをご説明いただきました。ここでは触れませんが、ずっとリアルなビジネスをやってきた方ならではの工夫がちりばめられており、流石の一言でした。うーん、勉強になるなあ。。。

posted by Kokubo at 01:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

おしごと@京都

今日から3日間の出張ですー。

1日目は京都です。KBSのOBで、地方企業を多く扱っているベンチャーキャピタリストの方にお会いして、お話を伺いました。この大先輩のお話はものすごく有益だったのですが、ご本人もすごーく素敵。VCということでエネルギッシュでスピード感に溢れた方を想定していたのですが、静かな自信に満ちた穏やかな方でした。理想とできる先輩に会うと、モチベーションあがりますね。お仕事で関わっていらっしゃる、地域のベンチャー起業家の状況についていろいろとお話いただきました。

最近はお仕事でベンチャー起業家やベンチャー・キャピタリストさんにお会いすることが多いのですが、話を聞けば聞くほど自分でも起業してみたくなります。だってすごく面白そう。私がKBSに入る前に勤めていた会社は外資系の日本支社のスタートアップでしたが、あの不思議なエネルギーに満ちた混沌とした組織の水が私は合うようです。何をやりたいかも徐々に見えてきたことだし、そのうちチャレンジしてみようかなと本気で考える今日この頃。もちろん大変だろうけど、自分のやりたいことでの苦労は、やらされ仕事での苦労よりは耐えられるはず。

インタビューが終わってから少し時間があったので、鴨川をてくてくと散歩しました。紅葉にはまだ早いものの(今年の紅葉は遅くなりそうだとはタクシー運転手さんの弁)、冷たく澄んだ空気の中を歩くのは気持ちよかったです。

VFSH0390.JPG

でも思いの外のんびりと散歩してしまい、京都伊勢丹の「都路里」で食べようと思っていた抹茶パフェは時間切れで断念せざるをえませんでした。むーん、残念。
posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

SFCにて講義

慶應大学SFCで授業してきましたー。

学部生の授業で、「社会的組織の経営(ヒューマンセキュリティ)」という授業。担当している先輩から、株式会社いろどりのケースで一コマやって欲しいと言われてやってきました。

この授業、なんと履修者が400人弱・・・・。当日も300人超が出席しており、階段状の大教室でディスカッション・リードをやってきました。この規模でディスカッションになるのか、発言してくれるのかすごーく不安でしたが、開けてみればけっこう発言も多いディスカッションができました。ただこの人数なので、一方的に伝えるだけの講義はともかく、インタラクティブな伝え方が出来たのかどうかは判断できませんでした。ちゃんと伝わったかなあ。

プラス、この人数でもあがらなくなっている自分の成長も感じました。実はもともと人前で喋るのは苦手で、すぐ緊張するタイプ。今でもプライベートではその傾向がありますが、仕事に関しては平気になってきたようです。よかったー。
posted by Kokubo at 14:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

ベンチャーの方と会う

お仕事がらみで、某ベンチャーキャピタリストさんと、その方が投資しているIT企業のCOOさんとお会いしました。

すごく生々しい話&出来事がいっぱいで、めちゃめちゃ面白かった。やっぱり起業というのは、ある意味命を削ってやるのだということ、そして、そうまでしてもやりたくなる魅力があるということが実感できました。お金はご褒美としてはとても嬉しいけど、お金のためだけでもきっと続かない。また、自分で会社を動かしていくというのは大変だと分かっていても、もし新奇性のあるビジネスを思いついてビジネスパートナーに恵まれたりしたら、私もきっと、やりたいという衝動を止められないと思う。だってそっちのほうが数倍面白そうなんだもの。

また、私は常々ベンチャーや小組織のキャパシティはNo.2の力量で決まると考えていますが、今回お会いしたCOOさんを見て、その仮説を強めました。CEOは、誤解を恐れずに言えば客引きパンダでいいんですよ。人を惹きつけるのがその人の大きなタスクですから。で、そうやって集まった人をNo.2が組織として回していく。ここで組織の体力が問われます。ここの役割分担を、お互いが理解して、任せ合うことが重要なのだと思います。

それにしてもやりたい仕事を思い切りやってる人って格好いいなー、と改めて思った夜でした。
posted by Kokubo at 14:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

セミナー講師やります。

あるご縁で、東京都の「社会的企業家育成セミナー」の講師をさせていただきます。新規開設だそうで、ご興味ある方はどうぞ。

(財)東京都中小企業振興公社
平成19年度社会的企業家育成事業
「社会的企業家育成セミナー」募集のご案内


11月11日(日)午後13:00〜16:30
「組織形態の種類と組織化のプロセス」
会社、企業組合、NPOなどの組織形態と組織選択、地域との連携とネットワークづくり

社会的事業のエキスパートというより、非営利組織論のプロフェッショナルだということで招かれていますので、そういう話を中心にする予定です。今年から開講ということで参加者の傾向が読めませんが、楽しんでいただけるようなものにすべく頑張ります。




posted by Kokubo at 22:42| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

キャリア・デザイン再考

某短期大学にて、ゲスト・スピーカーをやってきました。先輩が講師をやっている「キャリア・デザイン」の授業の中で、一時例として私の経験を話すというものです。

私がキャリアを語るなんておこがましいんですけど、先輩が私を指名した主旨が「普通の人のキャリア」の事例として、みんながすごいわけではない、こんな適当な人でも何とかなってるんだよというのを伝えたいんだというものだったので、そういう話なら適任かもと引き受けました。今回の聴衆(生徒)は短大生。つまり数ヶ月前までは高校生で、大学に入ったと思ったらもう就職活動に突入してしまっている、18〜19歳の人。

ぶっちゃけ話をして欲しいという要望だったので、本当にぶっちゃけてきました。ライフイベントに沿って、そのとき何を考えてこの選択をしたか、影響を与えた出来事や他人の言葉を時系列に。キャリアについてはけっこう悩んできたという自覚があるのですが、それも包み隠さず。あまり一方的に話をするのが得意じゃないので1時間も持つかなあと心配してましたが、気がついたら時間が経っていました。私も話す仕事にそれなりに慣れてきたようです。

今回私が伝えたのは、私が人に言われて良かったこと。単なる受け売りです。でもあのときの私には必要だった言葉たち。それをその背景とともに話してみました。

授業の感想文を見せていただくと、皆さんそれぞれの部分で共感してくれたり参考になったりとか言ってくれていました。就職活動で悩んでたけどちょっと気楽になったとか書いている人もいて、ちょっとほっとしました。名門大学というわけでは全くないけど、素直な人が多くていいところだなあと感じました。

それにしても、20代のときは辛いことや悩みが多かったけど、歳をとるとともにどんどん楽になってきている。もともとすごく落ち込みやすい性質だけど、立ち直りも早くなった。肩の力が抜けるようになったし、ストレスとの付き合い方は昔に比べてずいぶん上手くなった。こんなことなら、歳を取るって悪くないなあと思います。



posted by Kokubo at 07:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

憧れの人

お仕事で徳島の上勝町に行ってきました。上勝町は今、紫陽花がキレイです。


P1010078.JPG

Read more?
posted by Kokubo at 08:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

ケース「株式会社大津屋」できました

慶應ビジネススクールの公式ケースとして、「株式会社大津屋」が完成しました。

株式会社大津屋は、福井県福井市でコンビニエンスストア(CVS)事業を展開しています。全国的に業界競争が激化する中で、わずか9店舗の同社は徹底して大手チェーンとは異なる方策をとり、強みを築き上げています。福井の地域性と同社の経緯やマネジメントを概観することで、地域密着型中小企業の戦略を考えることができます。人材管理に悩む社長さんにもオススメ。

ケースの購入はこちらから。
販売価格は525円です。

福井とはご縁があり、昨年は調査や仕事で何度も出かけました。美味しい食べ物とお酒の多い、大好きな土地の1つです。


posted by Kokubo at 12:07| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

お仕事のちIKEA

お仕事で講演をしてきました。
某共同組合さんの交流集会で、私が調査した青森の事例紹介と分析結果を話しました。壇上で一方的に話すという大変苦手な類のお仕事でしたが、まあ満点とは言えないもののやれることはやりきったのでおっけーでしょう。

(実は私は人前で話すのがとても苦手なのです。へ?アンタ人前で話す仕事じゃん?とか思った人いるでしょうが、ケースメソッド研修のような interactive communication は平気で、要は one-way communication が好きでないんです。なのでケースメソッドに出会ってなければ、そもそも先生になろうとは考えなかったと思います。)

その仕事は千葉だったのですが、千葉に行く機会が滅多にない私はせっかくだからよりみちをしようと思い、葛西のペンギンと迷った挙げ句に南船橋のIKEAに行ってみることにする。ずっと行きたかったのに、人混みがスーパー苦手なのでまだ行ったことなかったのですよー。横浜にも店舗が出来たことだし、平日だし、今日なら大丈夫でしょ。

というわけで、駅のロッカーに荷物を預け、財布と携帯だけ持ってゴーゴーIKEA!!


Read more?
posted by Kokubo at 18:22| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

ケース「株式会社いろどり」できました。

ようやく、ケース「株式会社いろどり」がKBS公式登録ケースになりました。
KBS初のソーシャル・ベンチャーのケース。

case_irodori.jpg

現在はKBSの窓口販売のみですが、来月下旬からはKBSのホームページからも注文できるようになります。740円だそうです。

ちなみにKBSのケースは原稿買い取りシステムなので、販売部数が伸びたからといって、私の収入が増えるわけではありません。


【1月22日追記】
ケース「株式会社いろどり」が販売開始になりました。
ホームページ上から購入可能です。税込み777円です。
http://www.bookpark.ne.jp/cm/kbsp/select.asp?flag=4&keyword=2007/01/05

posted by Kokubo at 12:52| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

MBA流ケーススタディ×ソーシャル・ベンチャー第二弾

MBA流ケーススタディ×ソーシャル・ベンチャー、またやってきました。
今回は、海のない湘南にある某4年制大学で、1〜4年生の学部生が相手です。
使用ケースはまたもや「いろどり」。

Read more?
posted by Kokubo at 04:19| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

中小企業とケースメソッド

ちょっとご縁があり、ある地方都市の中小企業の店長さんを対象に
ケース研修をやってきました。

店長さんって、とても難しい仕事ですよね。
数字のプレッシャーを与えてくるオーナーと、なかなか思うように
動いてくれないスタッフのダブルバインドで、日々気を遣うお仕事です。
昇進するにもパスが無いし。

特に今回難しかったのは、参加者の皆さんが挙手して発言するという
ことに慣れてないため、非常に発言がでにくい。そして日々決まった
業務をこなしているため、視点を高くしてものごとを構造化すること
にも慣れていない感じでした。

そんな人たちに、今日の私の話はどの程度受け止めてもらえたのでしょうか。
Read more?
posted by Kokubo at 05:04| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。