2008年12月17日

お仕事@長岡大学

長岡大学イノベーション人材養成講座「戦略経営」コースにて、「ケースメソッド:事例から見る中小企業の組織戦略」の1コマ担当してまいりました。

nagaoka1217.jpg

昨年度も担当させていただきましたこのお仕事、また今年度もご指名いただきまして大変光栄です。地方大学の講義では、東京にはない地域密着の感覚を味わえるので、とっても楽しい。特にこのような社会人向け研修だと、その土地ならではの企業の方が参加してくださったりして、新鮮です。前回は某米菓メーカーの方がいらして下さいましたが、今回は某有名日本酒メーカーの方がいらっしゃいました。さすが長岡〜。

お仕事の後は、地産地消。地酒いろいろ。
VFSH0210.JPG VFSH0211.JPG VFSH0214.JPG VFSH0213.JPG

左から、お福酒造「純米吟醸 山古志」、久須美酒造「清泉七代目」(「夏子の酒」のモデルとなった蔵だそうです)、高橋酒造「越後 八一」、そして〆のへぎそば〜。

酒どころのお仕事はおまけが楽しいですね!お相手してくださった長岡大学の皆様、ありがとうございました。酒も肴も、とっても美味しゅうございました。あと、今回学んだことの1つに、こちらの人は日本酒を銘柄ではなく蔵元名で呼ぶということ!それだけ日本酒文化が昔から根付いているということなのでしょうが、私は蔵元名で言われてもちんぷんかんぷん。だけど、普通「久保田」は分かっても、「朝日酒造」って言われても分からないですよね?

ところでこういったアウェーでの研修の場合、教材手配や受講生への連絡などを担ってくださる事務局の方如何で、やりやすくなったりやりにくくなったりします。たとえやりにくかろうと基本的にはこちらが全て責任を持ってお仕事をさせていただきますが、こちらの立場に立って考えて下さる事務局さんに出会えると、とっても気持ちよくお仕事ができます。

なんと今回の事務局さんは、私がご当地キティコレクターだということを知って、長岡キティ(戦国智将・直江兼続ver.)を用意して下さったのですよ!!うわー、初めてです、このパターン。うれしい〜。私がコレクターだということを知ってて下さったというのも嬉しいし、わざわざ事前に入手してくださっていたというのもまた嬉しいです。Sさん、本当にありがとうございました!お世話になりました。

VFSH0216.JPG

先日は友人に笹団子キティ(新潟土産)をいただきました〜。なので長岡駅で買った笹団子と並べてみよう。
VFSH0217.JPG VFSH0220.JPG

皆さま、いつもありがとうございます。

posted by Kokubo at 16:39| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

遠隔授業、のち遠隔打上げ

KBSの地域起業家養成研修、今クールも着々と進んでいます。

VFSH0196.JPG

このモジュールのテーマはマーケティング&アカウンティングです。私は専門外なのでアシスタントですが、一緒に勉強させていただいています。最後のセッションでは、各地域ごとにケース教材をベースにしたグループワークを課し、「その地域でパン屋として起業する」マーケティングプランを発表していただきました。これが面白い!!それぞれの地域特性や消費行動を反映したプランが次々に発表され、目から鱗でした。住民が少ない島では観光客相手や出張物産展での商売がキモになるとか、パンを買うのに車で20分走るのは普通とか、高齢化率が高いので商売が成り立つだけの市場を取るためには高齢者を取り込まざるを得ないから高齢者向け商品開発は必須とか。東京では聞けない多彩な意見が出て、視野が広がりました。

この日は今モジュール最後ということで、授業後、遠隔テレビシステムをそのまま使って「遠隔飲み会」に突入。今回は、講師のいる東京会場には各地からの差し入れが届き、非常に豪華な食卓となりました。

島根県海士町から届いた海の幸!前回海士の受講生が画面の向こうで食べていたのを見て、いいなーいいなーと言っていたら送って下さいました。 図々しくてごめんなさい・・・・
VFSH0199.JPG VFSH0202.JPG

海士からは巨大な一夜干しイカも届く。これがうまーい!!
VFSH0207.JPG VFSH0208.JPG

八丈島からは、先日私がお土産にいただいたものと同じ、長田商店のくさやが届きましたよ。これが本当に匂いが少なく、くさやデビューのメンバーにも好評。同じく先日いただいた「かぶつ(島だいだい)」を、奄美大島産の黒糖焼酎に絞って飲んだら美味しー!!飲み口が軽くなって、ぐいぐいイケてしまうので危ないっちゃあ危ないのですが・・・。なお奄美の方には、「黒糖焼酎は黒糖をつまみに飲むと美味しい」と教わりました。

愛媛県ものとしては、みかんとハタダの栗タルトが並びましたよー。
VFSH0205.JPG

各地域から頂いたものを、TV会議システムごしにご紹介しつつ堪能(「不思議な料理番組みたい」©Nさん)。各地域の皆さんからも、ご自身が作られている商品とか、それぞれの地域自慢を伺いました。研究テーマが地域活性化を扱っている私にとっては、ものすごく興味深いお話がたくさんありました。いや〜楽しかったー。この繋がりが何か形になればいいな、と心から思います。


posted by Kokubo at 18:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

しましまの日

現在開講中のKBS「地域起業家養成研修」、今クールはサテライト会場の3/5が離島なため、全員でリアルに集まるスクーリングは最後の1回のみ。受講生さんとは毎週画面越しにはお会いしていますが、実際に会うのは最後の最後だけとなります。ですが、このたび受講生さんの一人(@島根県海士町)がイベントのお仕事で上京すると聞いたので、週末を使って遊びに行ってみました。

お邪魔したのはこちらのイベント。
アイランダー2008
(日本にはこんなにたくさんの離島があるんですねー。)

大変賑やかな会場にて、海士町のブースを探すと、いましたいましたー。実際に顔を合わせるのは初めてなのに、旧知の知り合いみたいな感覚で、とっても不思議。イベントに遊びに来ていたもう一人の受講生さん(@東京都八丈町)にも会えましたので、皆で記念撮影!
ama1.jpg

海士町のブースでは受講生さんが扱っている商品をいろいろと買い込み、そして八丈町の受講生さんにはお土産をたくさんいただいてしまいました!食べ物ばっかりですが、食いしん坊の私としてはとっても嬉しい〜。

海士の名物、コシヒカリ、サザエカレー、福来茶(ふくぎちゃ)。
ama4.jpg 

我がプロジェクトチームの海士町担当者が絶賛していた海士町のお米はおいし〜い!!甘い!サザエカレーはサザエ好きなオットにヒットでした。食べる前はサザエのちっこい身が入ってるくらいなのかなーと思ってたんですが、ものすごーくサザエの味が強いです。特に肝好きな人はハマると思う。しかし525円でこの味って、海士町ではサザエが相当たくさんとれるのね・・・。私の感覚では、サザエをカレーにするなんてすごい贅沢ですもんねえ。福来茶は、くろもじの枝と葉をお茶にしたもの。濃いピンク色がかわいいです。ジャスミンティー好きの友人が気に入ってました。お米と福来茶はAma-Web Departで買えます。サザエカレーはこちらをご参照ください。

長田商店のくさや八丈バターかぶつ(島だいだい)
ama3.jpg
*12/5情報追加しました

すべて八丈島の受講生さんが作っているものです。こういうお土産はとってもとっても嬉しいです。ちなみに、くさや好きなオットファミリーが集まる機会があったのでいただいたくさやを持って行ったところ、大人気でした。私は最近初めて口にしたのでわからないのですが、「昔ほど臭くない」とのこと。何か技術革新でもあったのでしょうか?私はくさやってもっと口に出来ないほど臭いのかと思ってたのですが、全然そんなことはなくって拍子抜け。ちょっとにおいが強いけど、普通においしい干物、って感じでした。

Gさん、Oさん、本当にありがとうございましたー。

posted by Kokubo at 23:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

ディスカッション授業の醍醐味

地域起業家養成研修」の第1クールが終了に近づいてまいりました。今回はゲスト講師による「有限会社ドコイコ(2005):地域発ITベンチャーの挑戦(1)」でした。

商店街の衰退の目立つ地域において、IT利用率は高いことに着目した若者が地域発のITベンチャー企業を創設しようと思い立つ。音楽バンド活動にように営業や技術に詳しいメンバーを集めて、設立にこぎ着ける。地域におけるソーシャル・ネットワーキング・サービスの事業展開を試みる彼らの事業展開は、どのような課題に直面しているか。(KBS公式サイトより)

ケース授業をやっていると、たま〜にクラスが「化ける」ことがあります。いろんな要因が重なって、皆の当事者意識が飛躍的に高まり、ディスカッションが深く活発になり、想定以上の濃い議論になるのです。そんなに頻繁には起こりませんが、ディスカッション授業の醍醐味です。

この日、地域起業家養成研修のクラスは化けました。受講生さんのディスカッション習熟度合や馴染み度合、ケースへの興味、講師との相性などなど、いろんな要因が重なったのだと思いますが、久しぶりにあんなに面白いディスカッションを見たなあ・・・。私はアシスタントでしたが、講師冥利に尽きます。

Y先生、お疲れ様でした!!いい経験させていただきました。

P1030332.JPG
posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

横石さん@カンブリア宮殿

本日は株式会社いろどりの横石さんにお声掛けいただき、テレビ東京「カンブリア宮殿」の収録を見学してまいりました。横石さんが当番組に出演することとなり、今日がスタジオ収録だったのです。

そもそもテレビをほとんど見ないわたくし。ましてやスタジオ収録の見学なんて、産まれて初めての経験なので、わくわくと天王洲スタジオまで出かけました。現場では撮影禁止だったので(当たり前)写真はないのですが、@スタジオのセットが大きかったA間近で見た小池栄子さんが細かったB裏方さんがいっぱいいた、というのが印象に残ったことベスト3です。あと芸能人さんはカメラが回った瞬間、控え室で拝見するときとは発するオーラが変わるなあ、と思いました。肝心の横石さんはいつもの調子ですらすらと話をしていらっしゃり、村上龍さんのリードも絶妙で、横石さんのお話は何度も聞いている私にとっても、新鮮で面白い話が聞けました。高齢者医療費の話とか、まさに私が研究中のトピックも扱われており、あのデータを早く論文にしなきゃなあ・・・というプレッシャーも同時に頂戴しましたが。

放映は7月28日(月)だそうです。よろしければどうぞ。

posted by Kokubo at 21:17| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

八丈島で島じかん体験

お仕事で八丈島に行く。

最近島出張が多いのは、KBSの起業家向け遠隔教育「地域起業家養成研修」の打ち合わせなのです。今回は、鹿児島県の奄美大島、東京都の八丈島、島根県の海士町(隠岐諸島の1つ)、山形県庄内市、愛媛県今治市での開催と相成りましたー。今回は、遠隔という特徴を活かそうということで離島を増やしたのですが、このラインナップはけっこうすごいのではなかろうか。

八丈島には羽田空港から1時間足らずで着きます。町役場での打ち合わせののちに島内をご案内していただく(Sさん、ありがとうございました)。

まず黄八丈染織元の「黄八丈めゆ工房」を見学。大島紬同様、黄八丈は草木染めの織りの着物ですが、染糸3色のうち黒は生産量が限られているらしい。というのも黒糸を作れる泥田が島に1つしかないからとか(すごい理由だなー)。このめゆ工房では島で唯一染色から織りまでの工程を一貫して行っており、東京都無形文化財技術保持者にも認定されています。

関係者の方のお話によると、染色〜織りの全工程を担っていることの利点として、品質検査にパスしなかった反物を小物に加工して販売できるので、例え失敗しても収入に繋げられるそうです。またこうやってB級品の処理ルートが出来ていると、検品を厳しくやっても大丈夫なので品質もあがります。もう1つこの工房で興味深かったのは、後継者不足に悩む着物業界なのに、若い織り手さんがたくさんいること。専門学校を卒業した人たちが、織りをやりたくて島外から移住してきているのだそうです。そんな女性たちが賑やかに機織りをしている光景はなかなか圧巻でした。

hachi1.JPG hachi2.JPG

黄八丈ガールズ(実は八丈町の職員さん)。すっごいかわいい〜ハートたち(複数ハート)
hachi4.jpg

黄八丈ガールズに黄八丈で作ったストラップをもらう。とってもお気に入り。でもこういうセンスのものは現地では売ってない・・・。
hachi6.JPG

キティも黄八丈ですよー。
hachi7.JPG

島をレンタカーでドライブしてみました。「ひょっこりひょうたん島」のモデルになったという八丈島は、火山2つからできており、まんまひょうたん型の形状。ぐるっと回っても2時間くらいなんだそうです。人口は8,500人、行政区域は東京都八丈町。雰囲気が南国(見慣れない植物がたくさんあります)なので都内だということが不思議なんですが、なるほどと思ったのは、公道にお金がかかっているところと、車が「品川」ナンバーなところ。
hachi5.JPG Thanks to Ishihara-san!

産業としては、農業、建設業、卸小売業、飲食・サービス業が目立ちます。農林業の生産額のうち86%は花き園芸なのですが、主要作物はフェニックス・ロベレニー(通称ロべ)というヤシ科の植物です。意外にもロべが島内の耕地面積の52.7%(195ha、明日葉の4.4倍)を占めております。ロべとは花屋さんで扱われる葉っぱものなのですが、国内需要のほぼ100%が八丈島産なのだそうです。メインにはならないけれどブーケの引き立て役としては重要なロべは、高値がつくうえに収穫作業も重労働ではないため、主に高齢者や女性が従事して重要な家計の副収入源となっているのだそう。まさに「ツマモノ」と一緒ですね。

また八丈島はその昔は島流しの地。その名残の1つが陣屋跡の玉石垣です。流人に波に洗われて丸くなった玉石を海岸から運ばせてつくられたそうな。
hachi3-1.JPG

ところで今回は1泊2日の予定だったのですが、実は帰りの便が悪天候で全便欠航になり、帰るに帰れずもう1泊を島で過ごすことになりました。今日は天気が悪くて景色が見えないね〜くらいにのんきに考えていたら、視界不良で飛行機が着陸できないとのこと。そして機体を使いまわしているので、便が到着しないことには東京行きの便も出られない。予定が狂って焦っている私を尻目に、「まぁ仕方ないねー」と大らかなスタンスの地元の皆さん。夕食を食べながら地元の方と話してみると、「今日は雨だったので店は休みかなーと思って二度寝してたら、マネージャーから電話かかってきて起こされました」とか「天候が荒れると物資が届かないので、スーパーの棚が空になる。納豆や乳製品なんかすぐなくなる」とか「雨降るともうすることないんですよね」とかなかなかに興味深く、予定が狂ったくらいで焦る自分は小さいなと思わされ、イライラした気持ちをほぐしてくれました。離島での生活って、自然と共に生きるってこういうことなんだなー。

確かに本当にすることがなかったので、予定は狂ったけれど論文のための読書が進みましたよ。まさに晴耕雨読ライフ(芋焼酎じゃない方)ですね。

追記は、八丈島で食べたおいしいものたち。
Read more?
posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

わんこ付きミーティング

今日は日曜日だけれど、どうしてもこの日しか関係者の都合がつかなくて、お仕事ミーティングがありましたよ(泣)。

でもわんこ連れの人がいて和みました。
VFSH0678.JPG

企業(=わんこオーナーの会社)の会議室に犬って、状況はなんか不思議だけど、かわいい〜。
posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

奄美大島訪問!

お仕事で奄美大島へ。最南訪問地の更新です。
P1030201.JPG

仕事の打ち合わせが目的ですが、なかなか行けるところではないので、ついでに私の研究テーマを絡めて現場を視察することに。一人旅は慣れてるので自分でレンタカーを借りて回るつもりだったのですが、結局ホスピタリティ溢れる奄美の皆さんに案内していただいちゃいました。でも現地の方に案内していただくと、効率と理解の深さが全然違います!自分一人じゃ行かないようなところも訪れられて、すっごく有意義でした。関係者の皆様、本当にありがとうございました。その節は遅くまでお付き合いありがとうございました。

P1030190.JPG
鶏飯(ケイハン)。割いた鶏肉に具と鳥スープをかけて食す。うま〜い!!

初めて訪れた奄美でしたが、自分が奄美に関する知識がほとんどなかったことにびっくり。例えば、
  ・東京から直行便でたった2時間で行ける
  ・黒糖焼酎は奄美でしか作られていない
  ・産地価格の大島紬はめっちゃ安い!
  ・大島紬は奄美産と鹿児島産でついているマークが違う
  ・マングローブ原生林がある  etc.
とにかく奄美ならではのことが多く、地域資源の多いハイポテンシャルな土地だなーーと感じました。

VFSH0669.JPG
黒糖焼酎にハマる。「龍宮」もオススメ。

VFSH0667.JPG
奄美市役所のみなさんが歌っている「カンモーレ市場のうた」が私のツボにクリティカルヒット。私も「じゃが、じゃが」コーラスやりたい〜。左は株式会社アマミファッション研究所でいただいた化粧品サンプル。黒糖もろみエキスがメラニンの生成を抑えるとかで、期待を込めて試用中。

色んな大切な出会いをいただいた奄美訪問でしたが、特に今回は最初から伝統産業活性化の事例として、大島紬の現場はしっかり見てこようと決めていたので、大島紬村というガイド付きで製造工程が見られる展示場(?)、町の呉服屋さん、現地の若い人へのヒアリング等々、思いっきりやってきました。得たものは大きく、考えたことを少し書き留めておきたいと思います。

P1030195.JPG
地球印と泥染め印。鹿児島市と奄美市の認定された織り手さんが織ったもののみが、大島紬という呼称を許されます。この地球印は奄美で織られたものである証。ちなみに鹿児島産の大島には旗印がつきます。

長いので追記にて。

Read more?
posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

福井出張&旧交をあっためるの会

お仕事で福井へ行く。いつもお世話になっている株式会社大津屋さん主催の、経営幹部養成セミナーおよび店長研修です。

大津屋社員さんのサポートは大変きめ細かく、いつも楽しく快適にお仕事をさせていただいてますが、今回のもう一つの楽しみは、KBSの同期に久し振りに会うこと。地元福井で後継者さんとして活躍しているIさんとお話しするのは、経営学者としてはとても勉強になります。私の研究テーマがビジネスによる地域活性化およびそのための組織変革なので、事業継承のことや福井のJCで行うイベントのことなどたくさん興味深い話を聞いてきました。今は博論以外は手を出さないようにしてるのですが、いつか本腰を入れて研究したいなあと思います。その時はぜひよろしくねーー。

三宅彦左衛門酒造の「早瀬浦」(純米吟醸)という日本酒がおいしかったー。それにしても福井は水もお酒も食べ物もおいしい。素晴らしい。

出張の戦利品、福井の地酒たち。
fukui0512.jpg

いつもお酒を買いまくっている気がしますが、これは地元経済への貢献&留守番オットさんへの献上品なんですよー。(でも自分の趣味だということも否定しません)

posted by Kokubo at 23:47| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

横石さん

お仕事で徳島に行き、株式会社いろどりの横石さんと会ってきましたー。

tokushima.jpg

私が初めてケース執筆のために取材した3年前に比べて、横石さんは最近びっくりするほど有名になりました。今は講演に引っ張りだこなので、なかなかお会いすることができませんが、でもそれはそれで喜ばしいことです。

私も研究者として一人前になって恩返ししなきゃなー。
posted by Kokubo at 23:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

おしごと@長岡

お仕事で長岡に行く。

長岡地域産業活性化のためのMOT教育「長岡大学イノベーション人材養成講座」戦略経営コースにて、2コマやらせていただきました。東京もかなり寒い日だったけど、長岡はさすが、雪が積もってました。

今回も受講生は社会人の方ばかり。加えて長岡大学の教員の皆様が後ろで見学しているという、なかなか緊張する環境だったのですが、頑張ってまいりました。ケースメソッドの授業の展開方法にはいくつかありますが、1回は某企業の特徴的なマネジメントを挙げ、その後その企業の課題や真の強みをある1つの数字から暴いていく進め方をやってみました。これは目から鱗の印象を持ちやすいので、受講生にケースメソッドの面白さを体験してもらえるのです。その分ケースリードにテクニックが必要ですが、最近は遠隔授業が続いていたこともあり、久し振りのリアル授業を存分に楽しんできました。

IMG_0665.jpg

おかげ様でなかなかに好評?「最初は若干“こんなコムスメがいった何を話すのだろう・・・?”という雰囲気だったのが(よくあることです)、最後はみなさん前のめりに聞いてましたね」と言っていただきました。よかったー。

研究テーマも地域活性ですが、普通に知らない土地に行くのが好きなわたくし。今回も初めての長岡訪問をとっても楽しみにしていましたが、その期待は裏切られず、地域への熱い思いを持った方にたくさんお会いできました。そして仕事の後にはおいしいお酒とお魚、へぎそば(海藻をつなぎにした緑色の蕎麦)をいただき、地酒と地ワイン、ご当地キティを入手して帰りました。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。

P1020396.JPG 景虎カーブドッチワイナリー岩の原ワイン。ALL新潟産。

VFSH0556.JPG へぎそば。色と盛り方が独特。

P1020405.JPG キティはコシヒカリ!



posted by Kokubo at 23:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

起業家さんから学ぶこと

浜松の起業家さんにインタビューに行ってきました!

今回お邪魔したのは、Spice Cafe Bija。2年くらい前に友人の友人として知り合ったKさんが実際に起業したというので、ずっと行きたいと考えていたのですがなかなか時間が作れず・・・。仕事を絡ませることで、ようやく訪問を果たせました。

エントランスにはオーガニック野菜の作り手さん名が。
P1020329.JPG P1020327.JPG

細部までこだわりを感じる店内は、自然光がたくさん入って快適です。
P1020320.JPG P1020324.JPG P1020311.JPG

夜は夜でまた大人の雰囲気です。
P1020347.JPG P1020352.JPG P1020358.JPG

味噌風味バーニャカウダとチキンカレー&大根キーマカレーがとっても美味しかった。

ところで昼・夜とKさんのお店で食事をさせていただいたのですが、びっくりしたのはこのお店が取引先にすごく愛されているということ。契約農家さんやコーヒーの卸さんが食事に来ているのです。レストランと業者さんの関係というのはけっこうドライなので、業者さんがポケットマネーで食べに来るというのは通常のレストランビジネスであればまず考えられない。でも農家さんやコーヒー屋さんが自分の立場を越えて、応援者の一人として家族で食事に来ている光景を見て、Kさんが素敵な人間関係を丁寧に築き上げていることがよく分かりました。それがKさんが最終的に目指すところであり、「カレー屋」はその手段であるということも。時間はかかるかもしれませんが、自分を信じて突き進んで欲しいなあ。

他にもKさんとお話ししていて、色んなことに気付かされました。ちょっと長いので追記にて。
Read more?
posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

地域起業家養成研修・第2セッション

地域起業家養成研修の2回目です。実は昼間は別の社員研修をやっていました。本日は2本立てです〜。

今回は、システムトラブルで時間がなくなった第1回から持ち越した、自己紹介をやっていただきました。既に起業をされている方もたくさんいらっしゃり、地域性を活かしたビジネスのお話を興味深く伺います。

P1020152.JPG 先生のご挨拶

さて、第2回の本日は「自分に足りない力を自分で補う」というのがテーマだったのですが、予定していたのとは違う方向に議論が進んでいきました。これはディスカッション授業ではよくあることで、その流れが当初の学習目的に沿ったものである限り、その議論の自然な流れを尊重するようにしています。しかしコンティンジェントに流れをアジャストしていくのは結構難しく、講師の度量が問われるときです。

P1020159.JPG 休憩時間中に講師も戦略会議

今回使用したのは東京でラーメン屋を始めた人のケースだったのですが、1)飲食店の成功は短期間では評価できない、2)自分の事業に友人を巻き込むことは是か非か、3)起業とは何か、4)地方から出て東京で起業することの是非、などが話題となりました。印象的だったのは、起業の定義。お客さんに喜んでもらった結果としてお金をもらうことでしょう?という話がある一方で、従業員を抱えることで発生する責任などを話し合いました。MBAや会社勤めの人と話すのとは違う、ご自分でビジネスをやっている人ならではの視点が多く、前回に続き非常に奥の深い議論ができました。

次回は私がメイン講師を務めますので、そのご案内を簡単にして、第2回は終了しました〜。
P1020164.JPG

*そういえば慶應義塾としても当研修のプレスリリースを出しています。こちら
posted by Kokubo at 22:13| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

お仕事@香川大学

香川大学・地域マネジメント研究科にて、授業を1コマやらせていただきました。地域活性化というテーマで、香川大学で教鞭をとるKBSの先輩が誘ってくださったのです。

香川は人生2度め、四国自体も1年ぶりなので、とっても楽しみに出かけました。

kagawa1.JPG

授業はケースディスカッションで、遠隔で高松会場と徳島会場をつなぐというもの。どこを見てしゃべればいいのか分からず、最初はちょっと戸惑いましたが、後半は慣れました。今回も社会人の方相手のお仕事なのですが、地域への熱い想いを持っている方が多く、楽しかったです。講義終了後に飲みにでかけ、いろいろ話を伺って刺激をいただきました。やっぱり情熱的な方に出会える地方都市は楽しいなー。またぜひ行きたいなー。

kagawa2.JPG やっぱり高松ですから!お酒の締めもうどんです。

先輩に会うのも久しぶり。いろいろ貴重な話ができて嬉しかったです。
Yさん、本当にありがとうございましたー。


(おまけ)
ご当地キティ・コレクターの私の、今回の戦利品。
kawaga3.JPG
愛媛ポンジュースキティ、小豆島オリーブキティ、そして一番右はキティじゃないけど一六タルト!!(果たしてわかる人が何人いるのか?)タルトはめちゃお気に入りで、現在私の携帯についてるのはこれです。




posted by Kokubo at 23:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

研修の反響

先日の研修風景を、各地のマスコミが取り上げてくださいました。


佐賀新聞(2008年1月19日)
saga.jpg



神戸新聞(2008年1月20日)
tamba.jpg
posted by Kokubo at 21:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

地域起業家養成研修・第1セッション

本日、地域起業家養成研修の第一回の授業がありました。

システムトラブルで冒頭20分ほどばたばたとしましたが、いったんディスカッションが始まってしまうと活発なディスカッションが繰り広げられ、ディスカッション・リーダーとしては大変楽しませていただきました。TV会議システムにも、ケースメソッドにも慣れていらっしゃらない受講生が多かったので、ディスカッションが盛り上がらなかったらどうしようかとちょっと心配していましたが、全くの杞憂でした。

本日のテーマは、「起業家を評価する切り口を探す」。起業したものの行き詰まってしまった人のケースをもとに、起業家の陥りがちなミスをあぶりだし、なぜそのミスが発生するのか、その人の思考パターンの問題点を指摘し、どうすれば対策ができるのかというところを議論しました。こういうのって他人のケースを批判するのは簡単なのですが、じゃあ自分はそのミスに陥らないかというと、決してそんなことはなく。起業して目の前の仕事を必死にやっていると、往々にして客観性を失ってしまうことを皆で再認識しました。でも、今回の研修は数年以内に起業を目指したり既にしていたりしている人が対象なのですが、流石、みなさんコメントが鋭い!理想を追いつつも現実はきっちり踏まえるバランスが絶妙で、講師として、私は心の中で快哉を叫んでいましたよー。

準備は大変だったけど(今も大変は継続中)、授業が面白いものになると全てチャラ。というか、むしろお釣りをたくさんいただきます。

*ちなみに今回の研修に携わっている人間は全員KBS出身で、自らも起業家で、教育従事者なのです。だからコンテンツも経験に裏打ちされており、唯一の非起業家(まだ個人でほそぼそやっているレベルなので)である私は、受講生さんと一緒に勉強してます。

P1020094.JPG
こんな感じでやってます。

P1020107.JPG
画面はこんな感じ。

posted by Kokubo at 23:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

地域起業家養成研修、発動!

本年、慶応ビジネススクール(KBS)は文科省予算で地域起業家養成研修を開催します。

地域起業家養成研修
manabinaoshi.gif


地域向け・遠隔教育・起業家養成と、KBSにとっては初めてづくしのこの研修。私は研修デザイン〜教材制作〜営業〜講師と、最初からすべての面で関わっております。大変だけれど、面白い!!今回は、青森、金沢、丹波、北九州、佐賀の5地域での開講となりました。この5地域をTV会議システムでつなぎ、ケースメソッド授業を展開します。果たしてどうなることやら。

先日は各地域の事務局さん(「地域エージェント」と呼んでいます)に慶応にお集まりいただき、決起集会を行いました。地域エージェントには受講生の募集や現地での運営を担っていただきます。受講生の質は研修アウトカムの質に直結しますが、開けてみたら非常にいい受講生を集めていただき、期待の高さをひしひしと感じました。一人の地方出身者としては、地方にいるとこういった教育の機会が少ないというのはよく分かります。その期待を裏切らないよう、精一杯努力してまいります。

IMG_0165.JPG
エージェントさんとの会議風景。

IMG_0167.JPG
その後ファカルティ・ラウンジでお食事会。ここは大学内の施設ですが、パレスホテルが運営していますのでクオリティが高いのです。
posted by Kokubo at 23:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

日経から本が出ました

ほんのちょっとですが、執筆に携わった本が日経からでました。

「元気村」はこう創る
―実践・地域情報化戦略―

國領二郎・飯盛義徳 編
日本経済新聞出版社 (2007/12)
ISBN-10: 4532352916
35291.jpg

慶應大学の國領先生・飯盛先生が中心になって作った地域情報化の本ですが、この中で「いろどり」の事例紹介(第二章第5節)を書かせていただきました。

宜しければご覧下さい。


posted by Kokubo at 04:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

第二回小倉訪問

人生二度目の小倉訪問です!

VFSH0473.JPG

お仕事の打合せでしたが、ちょっとハラハラする場面もあったものの無事商談成立!あーーよかったー。大好きな小倉の地でお仕事ができることになって、とっても嬉しいです!ありがとうIさん〜。

その後の打ち上げでは赤霧島をいただきました!
VFSH0476.JPG

今回はちゃんとラーメンまで食べたよー。
VFSH0478.JPG

翌日は北九州市立大ビジネススクールを訪問する。アクセスもよく施設もキレイないい大学でした。うちとはずいぶん差があるな〜。

今後も小倉には来る機会がありそうで、わくわくです。


posted by Kokubo at 20:03| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

研修用ケース2本作りました。

研修用に開発したケースが2本、KBS公式ケースとして販売開始になりました。今回のケース開発にあたっては「早い・安い・旨い」を心がけたのですが、なかなか満足のゆく仕上がりです♪

そのいち。
北村店長のスタッフ管理」 4p,105円
ある全国チェーンコンビニエンスストアの店長のシフト管理における苦労を通し、店長の役割やスタッフの動かし方を考えます。

そのに。
あるコンビニエンスストアの現金違算」 6p,157円
あるコンビニエンスストアで発生した不正問題を通して、店長・経営者の役割やとるべきアクションを考えます。

研修教材なので、読むだけではほとんど得るものはありません。ですが、ディスカッションのために色々な仕掛けがしてありますので、授業での使い勝手は大変によいですよ。先日KBSの授業(ケースメソッド教授法)でも「あるコンビニエンスストアの現金違算」が使われたのですが、示唆に富む内容だと絶賛をいただきました。他の研修での受講者にも「短いのに深い」という感想を頂きましたし、ケースメソッドの醍醐味が存分に味わえる教材だと自負しています。

といいつつも今回は私ひとりで作ったわけではなく、KBSの同期で流通小売業界にとっても詳しいTさん(現在はテンマルドウ株式会社を経営しています)に大変お世話になりました。Tさんにネタを提供していただき、私が授業に使いやすいようにアレンジしたのです。Tさん、本当にありがとうございました。
posted by Kokubo at 23:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育と研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする