2013年03月28日

いってらっしゃい2013

g2013_448.jpg
国保ゼミ2期生の4名が卒業しました。

先輩から後輩にバトンを渡し、後輩が先輩からバトンを受け取る春合宿(詳細はこちらに載っています)では、4年生にはゼミに入っての2年間でどういう学びを得たかプレゼンしてもらいましたが、遊びに来てくれた国保ゼミ1期生であり、現在は東京で働いているS木くんが後輩たちを見て、「失敗慣れしているというのがいいですね。自分で行動して失敗するという経験の上に自信を培っているのが、意味があると思う」という感想をもらしていました。うちのゼミ生の傾向として、成功自慢ではなく、失敗経験(とそこから学んだこと)を話す傾向があるんですが、これがタフである所以だと思っています。転んでも立ちあがれることを知ってるから、転ぶことを怖がらずに済むし、立ち上がる方法も分かっているから復活が早い。それは人としての強みだと思います。

社会に出るといろんなことがあります。大学の中では自主性をとても大事にしていますが、未熟なうちはそれが仇になることもあるかもしれません。理不尽なお客さんや、モチベーションに配慮してくれない上司もいます。頼れる先輩ばかりではないかもしれません。そしてそういう環境の中で、残念ながら身体やメンタルを壊す人もいます。これから先は、何があるかわからないグランドラインなわけですね。大学を卒業するということは、良くも悪くも、そういう世界に踏み入れることだと思います。

でも、転んでも歩き出せるタフさと、周りの人の力を借りる謙虚さがあれば、なんとかなるでしょう。そこはこの2年間で十分身に着けているはず。なので、去年も同じことを書いたけど、ゼミ生の卒業は「さよなら」というお別れではなく、扉を開けて社会という大海原に足を踏み出そうとする学生を「いってらっしゃい」といいながら見送る感覚です。ワンピースが見つかりますように。ちなみに去年いってらっしゃいをしたS木くんは「大学時代も楽しかったけど、社会人の今はもっと楽しい」と大変そうだけど充実した表情で話していて、いいねえと思いました。2期生もそうなってほしいものです。


IMG_6771.JPG
そして4期生は、ようこそ国保ゼミへ。これから一緒に過ごす2年間が、皆にとって実り多きものになりますように。1期生と2期生の休学組も大学に戻ってくるので、2013年度はこれまで以上に賑やかな1年になりそうです〜。


posted by Kokubo at 07:40| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

「高速道路」という新市場

新東名高速道路が開通しましたね!!

神奈川〜静岡を日常的に行き来してる私にはとても身近なニュース。早速実際に使ってみたところ、さすが新しい道路は走り心地がよいです。空いてるし。ただカーナビに載っていないのでうまくルートが探せず、ちょっと道に迷いました。「新清水」と「清水」があんなに離れているとは〜(笑)。

さて、新東名はサービスエリアに大きな特徴があります。これまでの移動中の立ち寄り所的なサービスエリアではなく、戦略的な商業施設としてのサービスエリアとして、NEOPASA(ネオパーサ)というブランドで展開してます。実際に行ってみたところ、ドッグランがあったり、セレクト雑貨コーナーがあったり、生鮮品が充実していたり、これまでとは設計思想が根本的に違うという印象です。たぶん私世代より上のサービスエリアの原体験って、不味くて高い食事と汚くて混むトイレだと思うんですけど、なんかもう全然違う。駅ナカビジネスの高速道路バージョンです。高速に乗らなくても入れることもあり、すんごい賑わってる。道路がすいてるのに、サービスエリアは駐車場待ち行列が出来ているくらいです。「海ほたる」同様、目的地になるサービスエリアですね。

そして、開通前から楽しみにしていた静岡サービスエリアに行ってみました。常日頃、「静岡」をどうアピールしようかと考えている身としては、NEOPASA静岡 がどうやって静岡をアピってんのかはとても気になるところ。

静岡SA(上り)のコンセプトは静岡の名産「お茶」だそうで、白×緑×白木、というカラーがたくさん使われております。静岡ってこういうイメージなのかなあ。

IMG_2089.JPG
サービスエリアのイメージを覆すオサレ空間。

IMG_2102.JPG
茶箱をイメージした商品ワゴンなど。

IMG_2098.JPG
フードコートもきれいで広い。そしてスタッフさんの愛想がよい!

IMG_2104.JPG
ディスプレイに茶箱がつかわれておる。これ欲しいな。

IMG_2092.JPG
蘭字ラベルのお茶缶かわいいいいい!800円なり。

IMG_2095.JPG
どこかでみたことのある鯖缶。清水の企業が作っています。

IMG_2097.JPG
国産ツナ缶。なんとなくレトロパッケージがかわいい。

IMG_2107.JPG
カフェコーナーでは、セティボンさんのバームクーヘンと静岡茶がいただけますよ!(私のときは売り切れていました。人気っぽいです)

ここでしか買えない品揃えにこだわっているそうですが、この辺の商品は、静岡駅の近くでも入手できると嬉しいなー。私は静岡県外の人にお土産を持っていく機会がものすごく多く、いつも頭を悩ませているので、このラインナップはちょっと羨ましい。静岡駅周辺にはいいものないんだよなー。

しかし、ここの「顧客」って誰なんだろう。県外から静岡に来た人が静岡土産を買っていくというのが王道だと思っていたのですが、意外と地元の人が多そうです。開通したばかりだからまだまだ安定しないだろうけれど、いまここに出現している新市場はいったいどういうものなんだろう。そしてこの市場は、どこと競合しているのだろう。

などと考えていたら、タイムリーにガイアの夜明けが取り上げていました。
新東名でチャンスをつかめ!〜ゴールデンウイークの結末は〜
「オクシズ(奥静岡の略称)」へのプラス・マイナスの波及効果にまで触れられています。これ教材にして、ディスカッションしたいなあ。こういう社会の変化を機会ととらえ、産業を創りだせる人を育成するのが経営系大学の役割なんじゃないかなと思います。


posted by Kokubo at 23:33| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

cbook2.0と、大学生の開発プロジェクトについて

国保ゼミ1期生の鈴木くんが手掛けていたcbookプロジェクトが、このたび新メンバーにて生まれ変わります。その名も、cbook2.0プロジェクト。引き続き、数学研究室とのコラボです。

スタートアップのメンバーが卒業でかなり入れ替わったのを機に、このアプリの目的というかビジョンを、フューチャーセンターにてゼロベースで再検討しました。私も大昔にシステム導入に携わっていたことがありますけど、使われるシステムになるかどうかは要件定義次第。特に今回は、既存の業務をシステム化するわけではなく、世の中に存在しないアプリを作って周囲の人の行動に変化をもたらすタイプのプロジェクトなので、要件定義を想像でやらなくてはならないところが難しい。

ちなみに、このタイプのアプリの好事例は“すごい時間割”だと思います。大学生がタイムスケジュールをシェアすることで新たな価値を生み出すスマフォアプリ。これ、開発者は現役大学生ですが、設計思想が素晴らしい。この時間割を介して繋がるというニーズがあることに気付けたのは、現場をよく理解していたからだと感じる一方で、実際にアプリというものが現れた時、その存在がもたらすインパクトの大きさにもわくわくします。この目の前の人の困りごとを解消することと、世の中に与えるインパクトの大きさをイメージすることとのバランスが非常に大事と思います。

さてcbook2.0は、ミーティングの結果、”県大生が世界一気軽に自分の「やりたい」を見つけられる/伝えられる場をつくる”という目的を設定しました。この日のミーティングはとてもいい雰囲気で進み、2つの組織が一緒に新しいことを始める際のわくわく感に満ちたものになりました。数研と国保ゼミでは専門性が違うので、気にするポイントや議論の進め方も違うのですが、その違いを互いにリスペクトし、いい方向に利用し合っているという感じでした。まずはそういう空気を共有することが大事なのではないかと思います。

議論の記録。
IMG_1849.JPG

ビジョン決定後の記念撮影、皆いい顔してます!
IMG_1847.JPG

そして後日通りかかった数研の部屋のドアの前にはこんな張り紙が・・・(ポストイットに注目)。コラボを楽しんでもらえてるのだなあと、嬉しくなりました。
9aifq.jpg

posted by Kokubo at 23:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

「茶の和ロール」開発秘話

3年生のゼミ活動は、プロジェクトを中心に進めています。目的はリーダーシップ教育なのですけれど、自分がリーダーとして1つのプロジェクトを責任持って動かし、同時に他のゼミ生のプロジェクトをメンバーとして手伝う、というスタイルです。というのも、うちのゼミは組織マネジメントが専門ですが、組織論は「知ってる」と「できる」が極めて遠い知識なので、実際に組織を動かしてみてその難しさを実感してこそ組織理論の価値がわかる、と私は考えているからです。

という理由で、いろんなプロジェクトが我が2221研究室から生み出されているわけですが、その中の1つに「静岡おみや開発プロジェクト」があります。静岡って、いいお土産がないんです。有名なのはうなぎパイだけど、あれは静岡(駿河)というより浜松(遠州)なので静岡の人間にとっては微妙だし、地元ではそこそこ有名な「こっこ」も県外じゃまったく知られてない。友人や仕事の打ち合わせ相手に持っていく手土産には、毎回本当に悩まされます。そこでI田ちゃんは、静岡に誇りを持ってもらえるような「静岡らしい」お土産を開発する、というプロジェクトを立ち上げました。しかも、同じ大学にある食品栄養科学部の学生も巻き込んで、学部間コラボレーションで。ちょうど静岡市の産学交流センターが地元の中小企業さん向けに「静岡おみや」という商品開発の支援事業をやっており、その事業にオブザーバー参加をさせてもらったことでプロジェクトの流れができ、静岡駅前で消費者へのアンケート調査を実施したり、他の競合お土産を分析したり、バイヤーさんにヒアリングに行ったり、それらの結果を持ち込んでフューチャーセンターで皆の意見を聞いたりという活動を行ってきまして、最終的に茶畑に見立てたロールケーキというコンセプトにたどり着きました。

IMG_3117.JPG
食品栄養科学部×経営情報学部の学生コラボレーションです。

まあ、ここまでは普通に学生ができることかなあという気もしますが、I田ちゃんの強運さはここから。ひょんなことで知り合った地元のお菓子メーカーA社の社長さんが、I田ちゃんの企画を気に入って下さり、協力を申し出てくれたのです。「静岡おみや」事業では、参画企業のテストマーケティングの場として静岡の産業フェアに出品するというプロセスが組み込まれていたのですが、この産業フェアにI田の商品も出品させていただけることとなり、その試食用商品をA社に作っていただくことになりました。しかもA社はすばらしいことに、「学生さんは現場を見たほうがいいから」と、製造工程に学生を参加させて下さったのです。これは本当にありがたい提案でした。私も現場経験を大事にする派なのですが、現場に素人が入ることは邪魔になることも多いので、こちらから言い出しにくいんです。しかしこのA社の社長さんは、お願いせずとも機会を学生に提供してくださいました。ありがたやー。自分が考えた企画が形になるのも貴重な経験だけど、さらに企画のから最後の製造工程まで一貫して体験出来るなんてなかなかないですよねえ。

IMG_2716.JPG
企業さんに企画を説明するI田ちゃん。

I田ちゃんは、毎回の打ち合わせでたたき台となる案を1つではなく何十個も持っていきます。社長さんにいただいた、この商品開発の先に目指すものは何か?というお題に対しても、たくさんのフレーズを考えてきました。この中で絞り込み、その結果、「静岡を誇りに思ってもらうための商品」「人と人のつながりを生み出すきっかけとなる商品」という根っこのコンセプトが生み出されました。I田ちゃんは周りを巻き込んでいくのが巧いなあと感じるけど、こうやって言われたことをちゃんとやる、提案も1,2個ではなく何十個単位で持ってくる、というあたりが周りに支持してもらえる理由のような気がします。もちろん自分の案だけでなく、他のゼミ生の力をうまく借りてこそではありますが、これだけ考えてきているからこそ、企業さんも本気になってくださると思うんですよね。ここまで自分でやっているならあと少し、こちらも力を貸しましょうか、と思っていただけるんだろうなあ。

で、企画に関する打ち合わせを経て、実際に商品の試作に。通常業務後の社員さんと厨房をお借りして(業務外業務ありがとうございます)、製作しました。

IMG_3144.JPG
この日の作業工程に「県大ロール」という記載が!!

掛川の緑茶を使ったロール生地にクリームとフィリングを巻き込む。私も時々お菓子を作りますけど、クリームを均質に塗ったり、ロールケーキを巻きこんだりって意外と難しいですよね・・・。

IMG_3189.JPG
プロのパティシェさんに教えてもらいながら。

IMG_3232.JPG
自分たちで作っている分、出来あがったときの気分は格別。

試食して、甘さやフィリングとのバランス、クリームの量なんかを検討しました。そこで量産用のレシピを決め、また別日の業務外時間の厨房をお借りして、学生4人で600人分の試食を用意。お疲れさまでした!

IMG_3259.JPG
チーム「茶の和ロール」

そして迎えた産業フェア。当日は、人目を引くために静岡の茶娘衣装で挑みました。女子大生4人が茶娘コスプレしている姿は目立つので、静岡おみやプロジェクトの宣伝をしたり、他の参加企業さんのところのヘルプに入ったりもして、これまでお世話になっている分の恩返しも意識しました。フェアの前々日に、静岡新聞に取り上げていただいたため、新聞を見て来たという方も少なくなく、試食が600人分では全く足りず、急遽1切れをさらにカットして2,000人ほどの試食を用意し、大勢の来場者にのまれたりしつつも、皆で頑張って466人分のアンケートを集めました。静県大の人もたくさん来てくれました。感謝ー。

IMG_9884.JPG

IMG_9870.JPG

IMG_9851.JPG

リーダーI田もブログで当日の模様をレポートしています。
茶の和ロール@産業フェアしずおか

さてさて、産業フェアはゴールではなくスタートです。まずはアンケートで得た消費者の声を集計し、反映しながら、商品企画をブラッシュアップさせていきますよー!

※「茶の和ロール」にご興味がある方は、お気軽にご連絡くださいませ。


posted by Kokubo at 14:57| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

その後の学部間交流ランチ会とイベントのお知らせ

フクシマレポートが途中ですけど、閑話休題。

昨年始めた、静県大の他学部の助教の先生方との交流ランチ会は26回を数えました。回数を見ると単純にすごいなーと思います。この交流がどういう効果を生み出しているかの検証はこれからですが、とりあえず継続が大事と考えています。

組織研究者の眼で見て、継続できている理由はいくつかあります。リーダーシップをとる人がいること(ここでいうリーダーシップは、活動の継続にコミットしている人という意味です)、一緒にランチを食べるだけという超ユル活動であるということ、周囲から評価されていること(が耳に入ること)、あたりは大きいと思っています。あと、ちゃんとブログで情報公開をしてるのもあるかなあー。いくらいい活動をしていても、知られていないと意味が無いし、知られるためにはやはり情報公開が必須です。「活動」は目に見えないので、ブログのように目に見えるものを代替手段として残すことは大きいと思います。この辺り、非営利組織マネジメントとおんなじですなー。

個人的なメリットとしては、異分野の人と話をするのは単純に面白い!立ち位置が違うと見えるものが違って、自分と属性の近い人と付き合っているときとは違う面白さがあるし、視野も広がります。また、自分の専門知識で誰かのお役に立てるのは、常に楽しいです。自分がごくごく当たり前にしていることを感心されたりすると自らのポジショニングを考えるきっかけにもなりますし、外を知ることで他組織の文化へのリスペクトが生まれるだけでなく、自組織の良さを見直すこともできます。多様性ラブ。

さて、そんなレギュラー活動のランチ会に続き、イレギュラー活動として、いつものメンバー以外にも対象者を広げる「拡大ランチ会」を企画しています。第1回は、映画の製作背景の解説を聞きながらの映画観賞会でした。そして第2回は当学部がホストということで、主に私が企画させていただいています。異文化融合という点で、一度話を聞いてみたかったスピーカーをお招きしました!

静岡県立大学・異分野融合フォーラム企画 
コミュニティデザイナー 山崎亮氏 セミナー
「コミュニティ・デザイン 〜人と人の繋がりで生まれる価値」


詳細はリンク先に載っています。

因みにイベントは一過性で終わらせてしまうと(開催の手間に対して)ほとんど意味が無いのですが、活動や概念の認知を高めるツールなので、戦略的に企画し、全体の活動の中でどう位置付けるかを考えることが大事だと考えています。今回は、このイベントを通じて異分野交流の価値を実感してもらうこと、及び、異分野交流の一形態である異分野融合フォーラムの大学内外での認知度を高めることで異分野交流や当フォーラムに関わってみたいと思う人を増やすこと、を目的にして企画しています。

9/22からWEBページを立ち上げてこっそり広報を始めましたが、申込状況を見ても滑り出しは上々。趣旨が趣旨ゆえに平日の真昼間という社会人に不親切な日時での開催になってしまっているのですが、でも、業務を調整してでも来てくれる方がいらっしゃるので、その様な方に価値のある時間を提供したいと思います。

さてどうなるかなー♪


posted by Kokubo at 03:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

静岡エクスカーション

先日、友人が静岡に遊びにきたのでいろいろとご案内。
私も赴任するまでは全く知らなかったのですが、意外と色々な魅力に溢れていますので、ブログ上でも少しご紹介したいと思います。


まず久能山東照宮
徳川家康は将軍職を退いてからは、静岡は駿府城に住んでました。そのおかげで城下町の静岡は繁栄し、今でもその名残を随所に見ることが出来ます。例えば、静岡では「葵」という名称やモチーフを随所に見ますし、駿府城跡地周辺には、「茶町」「鷹匠」「呉服町」「両替町」のように、機能を表した地名が多いです。ここ駿府で晩年を過ごした家康は、元和2年(1616年)の没後は遺命によりこの久能山の地に埋葬されています。自分が守り神となることで、西の敵から江戸幕府を守ろうとしたのだと言われています。その後三代将軍家光によって日光東照宮が造営され、御霊の一部が移されています。東照宮といえば日光しか知らなかったのですが、オリジナルは静岡だったんですねえ。なおGoogle Map上で見ると、この久能山と日光を結ぶ直線上に富士山があることが分かりますが、これはおそらく偶然ではなく、何らかの意図があったと思われます。

map.jpg

さて、この久能山東照宮は車で直接いくことは出来ず、駿河湾側からの表参道として1,159段の石段と、ロープウェーと2つのルートがあります。私はへたれなので石段を使ったことがないのですが、地元の方は新年の初詣で登ったり、ここで働く神主さんたちはこの石段で出勤しているらしく、すごいな〜と思います。

IMG_1506.JPG
駿河湾と久能街道の石垣イチゴが見降ろせます。

家康の遺骸が埋葬されているという神廟は割と地味なのですが、権現造の本殿、石の間、拝殿は2010年12月に国宝に指定されました。

IMG_1521.JPG

IMG_1515.JPG

IMG_1525.JPG
色遣いが日本じゃないみたい。

IMG_1516.JPG
こんなところにも葵の御紋が。

IMG_1510.JPG
門から見降ろす風景がけっこう好き。


次に、(財)静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center、通称SPAC)へ。SPACは、専用の劇場や稽古場を持ち、専属の俳優、専門技術スタッフが活動を行なう日本で初めての「公立の文化事業集団」なんだそうです。舞台芸術のビジネスモデルをがらりと変える試みですね。舞台芸術には疎いわたくしですが、ここは建物が素晴らしいんです。

IMG_1533.JPG
茶畑に映えるグレーの建物。静岡っぽい!

IMG_1534.JPG
案内板もいちいちカワイイ。

このSPAC、写真以外にもいくつか建物があり、どれもすごーくカワイイものでした。ところどころに茶畑があるのが、静岡らしくていいかんじ。が、普段は一般公開していないのが残念。いい観光名所になるんじゃないかと思うんですけどね。


そして由比漁港・浜のかきあげやでゴハン!

IMG_1537.JPG
かき揚げうどん700円。かきあげ丼も美味しいです。

静岡と言えば桜エビ。今は桜エビのシーズンではありませんが、生を冷凍保存しているので桜エビ含有率の高い美味しいかき揚げが年中食べられます。桜エビは漁が解禁されるのが年に4カ月くらいだけなんですが、それでも十分の稼ぎがあるとか。なお漁業権は世襲制、成果は皆でプールして均等割りするシステムを取っているそうです。


その後は清水漁港にある「河岸の市」にふらふらと行ってみたり。

IMG_1538.JPG
程よいサイズの市場で、美味しい海鮮丼が食べたり、新鮮な魚を購入したり。


その他のオススメスポットとして、

D&DEPARTMENT PROJECT SHIZUOKAのカフェで静岡の丘陵を見ながらお茶する
dd.jpg(写真はWEBから拝借)

・茶町にある製茶工場併設のショップ&カフェ茶町KINZABUROでお茶を買ったり「茶っふる」を食べる
ck.jpg(写真はWEBから拝借)

・静岡発祥で東京にも店舗を展開しているヴィノスやまざき静岡本店で静岡地酒を購入する
vy.jpg(写真はWEBから拝借)

・静岡発祥のキルフェボンの一号店でケーキとお茶する
qfb.jpg(写真はWEBから拝借)

等があります。
静岡、楽しいですよー。どうぞお越しください。


posted by Kokubo at 02:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

そういえば、現場体験をしていただきました。

書き忘れていたんですけど、昨年末に小澤隆生さんが、静岡県立大学に「職場体験」に来て下さいました。

楽天イーグルスのビジネス部門の総責任者だった小澤さんの、経営現場のリアルな話を静岡県立大学の学生に聞かせるまたとないチャンス!こんな機会でも無ければなかなかお会いすることすら敵わない方です。

小澤さんについての参考記事:
・日経ビジネス「激走!ベンチャー・スタジアム」【3回表】球場に居酒屋みたいな席があってもいいんじゃない?
・職場、現場を体験したいわけ

テーマは「楽天イーグルス立ち上げに学ぶ、やったことがないプロジェクトに取り組むときのコツとチームづくり」。組織論の授業ですのでね。

職場体験ということで、いろいろと図々しくもリクエストさせていただいちゃいました・・・。
その顛末は、小澤さんがレポートにして下さっているので、そちらをお楽しみください!

オザワ職場・現場体験プロジェクト「大学講師を体験してみた」
IMG_0556.JPG




posted by Kokubo at 16:57| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

静岡流お習字

書きたいこといっぱいあるのですが、なかなかまとめることが出来ません〜。
ぐぬぬ。

とりあえず、先日ゲストを案内して訪れた清水の魚市場に飾ってあるお習字が
とても面白かったので、紹介してみます。

IMG_1280.JPG IMG_1285.JPG IMG_1282.JPG


うーん、習字しながらお腹がすきそうだ・・・。


清水の魚市場(河岸の市
IMG_1281.JPG


posted by Kokubo at 13:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | しずおか日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。