2016年01月10日

コドモと一緒に金沢

ふと考えれば金沢は2007年から毎年2-3回ほど仕事で訪れています。ムスメが生まれてからは子連れで出張していますが、金沢は子連れで行くととっても楽しい町だと感じていますので少しご紹介。参考までに、出産前の金沢訪問記はこちらこちら

【コドモと一緒に遊ぶ@金沢】
金沢21世紀美術館
金沢子連れ旅なら絶対に21世紀美術館はいくべし!です。建物の中もお庭も、お子様向けアートプログラムもあり、ほぼ一日遊べます。出産前に行っても楽しかったですが、実は子連れのほうがもっと楽しめました。有料ゾーンと無料ゾーンがあり、屋内だけでもかなり楽しめますので、雨の日の訪問もオススメ。

20150924_065956560_iOS.jpg
この辺は無料ゾーン。
20150925_021954308_iOS.jpg
レストランのコドモ食器もカワイイ
20151021_055855590_iOS.jpg
晴れたらお庭の遊具で遊んだり、シャボン玉したり。

兼六園もいいのですが、敷地が広すぎてけっこう歩かなくてはいけない上、砂利道なので子連れには少々辛かったです。
20151022_003656896_iOS.jpg

鈴木大拙館
禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者、鈴木大拙の博物館。21世紀美術館から大人の足で10分ほどのところにあるのですが、私はここが大好きです。子連れには敷居が高く見えながらも、トイレにはオムツ替えシートがありました。掛け軸やら花器やらが展示されていますが、ちゃんと親が気をつけていれば子連れでも文句言われません。ただ子どもがダイブしたがりそうな水場があるのでそこは十分にお気を付けください。あと、入館料なしで行ける外の遊歩道が、子どもとお散歩すると楽しいです。

daisetsu.jpg
ひたすら美しい。
20150925_011134413_iOS.jpg
コドモがダイブしないよう注意
20150925_011553834_iOS.jpg
外の遊歩道。紅葉の季節は最高。

近江町市場
近江町市場は観光地化している市場なので、エンタメ性が高くて子連れフレンドリー。ぶらぶら歩くだけでも楽しいですが、食べ歩きをしたり、加賀野菜や蟹を宅配便で送ったりできます。またこの近江町市場のある近江町プラザ3階には、「ちびっこ広場」というこどもの遊び場&一時預かり場所があるそうです。冬の北陸は香箱ガニや水ガニといった産地ならではの蟹がとっても美味しいのですが、蟹の外食は子連れだとちょっと厳しいのでここで買って自宅で食べるといいかも。

20150924_235010702_iOS.jpg
市場はテンションあがる

ひがし茶屋街
市内に3つもある茶屋街(ひがし・にし・主計町)や長町武家屋敷跡は、子どもとぶらぶら歩くと楽しいです。中でもひがし茶屋街には重要伝統的建造物群保存地区であり、ここにある江戸時代末期の町家を復元した無料休憩所「ひがし茶屋街休憩館」は畳敷きなので子連れには助かります。ちなみに長町武家屋敷跡も迷路みたいで散策が楽しいですよ。私は「武家屋敷跡野村家」で歴史のある日本庭園を眺めながらお抹茶をいただくのが大好きだったんですが、これは子どもがもう少し大きくなるまで封印かな・・・
20151022_023437912_iOS.jpg
ひがし茶屋街休憩館で寝落ちするムスメ

【コドモと一緒に食事@金沢】
もりもり寿司
金沢はお寿司が美味しいのですが、特に「なんでわざわざ高い寿司屋にいくの?」って地元の人に言われるくらい回転寿司のクオリティが高いです。中でも近江町市場や金沢駅の隣にある商業ビル「フォーラス」にもあるもりもり寿しはおすすめ。ただ常に行列しているので訪問は戦略的に。大人は美味しいお寿司を気軽に食べられるし、子どもは細巻や茶わん蒸しを食べられるし、回転寿司は便利ですね。

香林坊らくや
ホテルのコンシェルジュに子連れで食事ができるところを訊ねて教えてもらったお店。香林坊から歩いてすぐ。雰囲気よし・金沢料理が食べられる・子連れで行ける町屋居酒屋です。事前に電話するのがおすすめ。
rakuya2.jpg
娘は加賀野菜の煮物と煮魚がお気に入り

金澤町家料亭 壽屋
江戸時代に建てられた建物の中で加賀料理をいただけます。金沢はお茶文化がありますので、懐石料理や和菓子がとても発展していますので、料亭を金沢旅行のコースに組み入れるのは個人的にとてもオススメです。ただ子連れで懐石料理はさすがに難しいなあと思っていたところ、こちらは法事利用が多いために子連れには慣れているとのことです。4人くらいで使える個室があるのも子連れにはありがたい。壽屋さんからひがし茶屋街までは大人の足で15分くらいなので、食後にぶらぶら散歩するのも楽しいかと。予約必須です。
20151022_015538247_iOS.jpg
雰囲気がステキ!

【コドモと一緒に泊まる@金沢】
金沢東急ホテル
金沢の中心市街地である香林坊にあり、21世紀美術館が徒歩圏、近江町市場もバスで2駅ほど。ここを拠点にしてうろうろして、こどもが疲れたら戻ってホテルでお昼寝するという使い方をするにはとても便利なロケーションです。サービスもよく、朝ごはんのバイキングは豪華。ただベッドの部屋しかありませんので、子連れのときはベビーベッドを入れてもらっています。

※私は仕事のロケーションの都合でいつも東急ホテルなのですが、プライベートでいくならここもいいなと思っているところを2つご紹介。未訪なので保証はしかねますが、地元の人に教えてもらったので悪くないはずです。

ホテルパシフィック金沢
北陸新幹線効果でホテル代が高騰している金沢において貴重なコスパのいいホテル。ここの畳の部屋は子連れ旅行にいいと思います。素泊まりですが、近江町市場が近いので食事には困りません。

金沢・湯涌温泉 銭がめ
少し市街地から離れるため車が必要ですが、源泉かけ流しの温泉と山菜や川魚の料理が楽しめる宿。加賀百万石前田藩主が鷹狩りの休憩所として使用していた庄屋屋敷を利用しているそうです。食事のみ・温泉のみでも利用可。

【そのほか子連れ旅情報@金沢】
金沢駅直結の「あんと」という商業施設の中に、「金沢駅こどもらんど」というこどもの遊び場があるそうです。次回からは新幹線に乗る前にここでひと遊びさせることで移動が楽になりそうです。大人が二人以上いるときは、お土産購入と手分けもできますね。また金沢市内には、貸し出しベビーカーのサービス「ベビのり」もあり、数カ所にあるポートのどこでも借りられてどこでも返せるシステムになっています。

総じて、金沢は子連れ旅にはとてもいいところだと思います。
posted by Kokubo at 17:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。