2012年06月27日

フューチャーセンターについて話してきました

6月10日に、フューチャーセンターウィークのイベントで、静岡県立大学でやっているフューチャーセンターの取り組みについて話す機会を頂きましたので、行ってきました。

場所は、名古屋城の隣にある名古屋能楽堂です。久しぶりの名古屋!!時間が無かったので友人に会うことはできませんでしたが、懐かしい風景をたくさん見てきました。

この日は超快晴。夏が近いんだなーと思わされる空です。
IMG_1780.JPG

イベントは盛況。自分でイベントを企画するようになって集客の大変さを思い知りましたので、集客力のあるイベント主催者は素直に尊敬します。
IMG_1786.JPG

国保ゼミが静岡県立大学でやっているフューチャーセンターの取り組みを紹介させてもらったのですが、前提知識の無い人にいきなりフューチャーセンターの定義等から入っても消化しにくいだろうなと思い、フューチャーセンターを活用して「茶の和ロール」を開発したI田ちゃんにプロジェクトの経緯を話してもらいました。具体的にどんな活動が動いていて、どんな場面でフューチャーセンターが役に立ったのか、具体的な事例ベースで見ると分かりやすいんじゃないかと。ちなみにこのプレゼンストーリーを考える際にも、フューチャーセンターは使いました(笑)。

社会人の前でも堂々とプレゼンするI田ちゃん。逞しい。もう私は帰ってもいいんじゃないか。
IMG_1789.JPG

I田ちゃんの後に、少しだけ設計思想等のしくみの部分を私がお話させてもらいました。私は社会人と学部生との両方の教育に携わっているので「学生しかない強み」の部分がとてもよく見えるのですが、そのあたりを重点的に伝えてみました。当日の資料を置いておきますので、もしよろしければダウンロードしてご覧ください。
フューチャーセンター紹介資料@FC名古屋.pdf

終了後の懇親会では、世界の山ちゃんにいきましたよー。実は名古屋時代は手羽先を食べたことがほとんどなかったので、新鮮な気持ちでいただきました。濃い味付けは名古屋メシだなーって思いますね。

ランチのきしめん&天むすと、山ちゃんの手羽先。きしめんにシャチホコのなるとがのってる!
gohan.jpg

こうやってお話をする機会をいただくと、自分たちがやっていることを言語化するきっかけになりますので、有難いですね。





posted by Kokubo at 22:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。