2011年08月20日

井川紀行・その3(ノルディックウォーキング編)

井川紀行・その2に続きまして、その3ではツアーのデザインの部分を少し。

この観光商品開発プロジェクト、井川ツアーの目玉として、「ノルディックウォーキング」との組み合わせはどうだろうか?と考えています。

ノルディックウォーキング(以下NW)の詳細はリンク先を見てもらうとして、個人的に井川×NWがいいなと考えている理由は;
・井川の標高や気候がNW向きである
・自然を楽しみつつ、腰や膝に負担のかからない有酸素運動が出来る
・やりながらこら話が出来るので、親睦を深めやすい(ゴルフと一緒)
・まだ知名度が低いスポーツなので話題になりやすい

そして今回は、とりあえず井川×NWの可能性を探ろう!ということで、ポールをお借りしてひたすら(total5時間)歩きまくりました。写真のモデルは、今回同行してくれたS藤くんN嶋ちゃんです。


NW-1.JPG
スタート!

NW-2.JPG
最初は町の集落を抜けて。

NW-4.JPG
こうやって林の中の道路を歩きます。車はあんまり通りません。

NW-3.JPG
NWのいいところは体力差があっても一緒に楽しめるところ。しかも歩きながらたくさん話が出来るのに、かなりの全身運動なのです。そしてあまり意識しないけれど、このポールには相当助けられてます(外すと急激に疲れることで分かるのです)。

NW-9.JPG
林を抜けると、井川湖(ダム湖)があります。天気も快晴!

NW-8.JPG
しばらく歩くと、井川湖にかかる井川大橋が見えてきました。

NW-10.JPG
井川大橋は吊り橋です。渡ってみる。

NW-11.JPG
吊り橋の上はこんな感じ。なんと車も通れるのです。(私は怖くて通る気にならないけど)

NW-12.JPG
橋の上からはこんな眺め。重なる山が美しい。

NW-13.JPG
この写真だけ、クリックで拡大します。橋の上からの風景です。

NW-14.JPG
橋を渡ってからは、また違う風景に。

NW-15.JPG
非常に静岡らしい風景ですよね〜。

NW-16.JPG
湖のほとりに降りてみる。釣り人がいました。

NW-17.JPG
また緑深く・・・

NW-18.JPG
小さな滝があったり、

NW-19.JPG
渓流があったり。

NW-20.JPG
獣道も歩く。

NW-22.JPG
獣道を抜けたところに船着き場があり、旗をあげて合図をしておくと迎えにきてくれます。

NW-23.JPG
迎えにきてくれた渡し船で村に帰り、ツアーは終了。


結論として、井川×NWは楽しいです!終わった後はいい運動をした、という疲れ方でした。話す時間が長いので、一緒に行ったメンバーともすごく打ち解けられました。

 ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇


井川紀行3部作はこれにて終了ですが、想像していた以上に井川には魅力が多いということがよくわかりました。後はこれをどう戦略的に位置づけて、どうやって売りこんでいくかです。一旦出かけてみれば惹きつけられるものはたくさんありますし、口コミにも乗りやすそうなのですが、問題は最初の1回。数多くある観光地の中から、最初どうやってこの地を選び出し、静岡から片道4時間(ちなみに車だと2時間)の道のりを足を運ぶ気にさせるか。ここをちゃんと考えないと、「いいものを作ったのに売れない」というありがちなパターンに陥るんだろうなと思います。井川にしかない何かをどうやって・どの層に伝えていけばいいかなあー。宜しければご意見くださいませ。

また、10月にモニターツアー第2弾を企画しています。行ってみたいな〜という方がいましたら、ご連絡ください。この時期は紅葉が美しいと思いますよ。






posted by Kokubo at 19:03| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。