2014年07月24日

【もしベビ】産後クライシスとチームの発展過程

第5回は、第4回で触れた「二人で大変な時期を乗り越える経験は、チームとしての結束を強めてくれる」というところについて詳しく書きたいと思います。

「産後クライシス」とは、出産を契機として夫婦仲が悪化する現象(出典Wikipedia)で、ここ数年話題になっていますね。産後クライシスの原因として、男性の家事育児への低関与に対する女性の不満だったり、女性の産後のホルモンバランスだったりがあげられています。これ、出産する前に謎だったものの1つです。結婚して10年以上経つ私たち夫婦は、仕事で物理的にすれ違うことは多いもののコミュニケーションをとる時間をとても大切にしていたし、意見の相違はロジカルに議論して収束することが出来てたし、私は怒ったときも感情的にならずに淡々と状況を説明することが出来るし、夫は家事は何でも出来るし、なんとなくうちは産後クライシスは大丈夫なんじゃないかな〜と思っていたんですよね。でも発生のメカニズムがいまいち分からなかったので事前に完全な対策をとることは出来ず、とりあえず夫と「産後クライシスという現象があり、うちもそうなる可能性がある」という問題意識の共有だけをしておきました。

で、実際出産してみてどうだったか。

この産後の3ヶ月間、おそらく私と夫は、結婚して以来最も多くの喧嘩を経験したのではないかと思います。前回も述べたとおり、私は「一定時間ごとに原因不明のエラーが発生する絶対止めてはいけないシステム(=ベビ)の対応をたった一人で任されてるエンジニア(=母親)」です。しかも産後1ヶ月は出産のために開いた骨盤に内臓が下垂するし、帝王切開なら普通の開腹手術の術後と同じ状況なのに加え、胎盤といううっかり損傷したら出血多量で死ぬくらいの内蔵を1個とった身体で、授乳で(母乳はもとは血液なので)毎日ペットボトル1〜2本分の血液を失い続けている状態です。ただ厄介なことに一見すると元気なため、自分がそれだけの身体的ダメージをくらっているという自覚も周りの認知もなく、つい産前と同じような感覚で家事や育児をしようとしてしまうんですが、冷静に考えてみれば、「内蔵をとったばかりで今も血液を失い続けている人がたった一人で24時間体制のシステム対応をしている」状態で身体や頭がまともに働くわけないですよねえ。これが仕事なら、ウツになるし会社が訴えられるレベルですね。例に漏れず私の身体と頭もいっぱいいっぱいで、出産前は軽く流せていたような夫の言動にイラッとするようになっていました。私はもともとショートスリーパーで短時間睡眠で動けるタイプなのですが、自分のペースで入眠と覚醒が出来る仮眠と、ベビにたたき起こされる仮眠はぜんぜん違います。睡眠不足で自律神経がおかしくなり精神的余裕が失われてしまっていたせいもあり、あれだけ家事も育児も協力してくれていた夫に、頭では理不尽だと分かりつつもイライラをぶつけるという出産前の自分からは考えられないことをやってしまっていました。それくらい非常事態だったわけです。

ただ喧嘩もいっぱいした一方で、夫の思いやりや人間的成長をこれまで以上に実感した3ヶ月でもありました。お互い大変な中で見せてくれる小さな思いやりは、身にしみます。また、ベビや私への対応が進化していることにも気づきました。理系でコンサルタントの夫は、仕事の構造づくり軸が非常に優位な反面人間関係への配慮軸が弱かったのですが、いっぱいいっぱいの私やロジックが通じないムスメに対峙することで理不尽さへの耐性や配慮する能力を高めて言ったのではないかと推測します。上述の非常事態は私の身体の回復とコソダテライフへの適応とともに減っていきましたが、夫が私に向きあってサポートしてくれた記憶は残ります。そしてそんな夫と共有する(嵐の合間に訪れる)平和なベビとのひとときは本当に幸せな時間であり、夫への愛情も深まりました。そういう、雨降って地固まる的な経験をした3ヶ月でした。

ところで、ビジネスでクライシス(危機)・マネジメントと言うと、実際にクライシス(企業不祥事などの経営危機)が発生したときにどう動くべきかを予め検討しておくというものです。クライシスの発生を未然に防ぐのはもちろんではありますが、完全には避けることは出来ないということを前提に、いざというときの対処法を考えておくことで危機管理をするという考え方です。これ、産後クライシスも同じではないかと。つまり、出産後にパートナーに対する愛情の低下(クライシス)は、不可避だと考えたほうがいいのではないかと思うのです。というのも、女性は身体が上述の状態なので夫への配慮は減るし、女性の状況の変化を理解できない(知らない)夫はこの女性の変化を受け止められないし。ベビのお世話に時間がとられるので、意識して時間をつくらなければ夫婦間コミュニケーションの時間も激減します。そんな状況の中では、パートナーへの愛情が相対的に薄れるのは仕方ないのではないでしょうか。ただ問題は、関係性が揺らぐこと自体ではなく、揺らいだ結果の関係性悪化をそのままにすることなのだと思うのです。一時的に夫婦の関係性が悪化してもその都度ちゃんと修復すれば大きな問題になりませんが、そのままにしていると数年後には修復不可能な溝になってしまいます。だからクライシス・マネジメントとしては、産後は関係性が揺らいで愛情が低下することを前提に、その対処法を予め考えておくことが大事なんじゃないかなと思います。

Tuckman(1965)は小集団の発展過程を4つのステージに分けています。まずメンバーが集まって小集団が形成されるForming(形成期)。この段階ではまだ人が一緒にいるだけ、という状態です。そして続く第2ステージがStorming(混乱期)で、メンバー間の意見のぶつかりあいが多く生じます。そしてその混乱を経て迎える第3ステージは、個人の役割やルールが明確になるNorming(規範期)です。そして最後に各メンバーが機能的に動いて大きな成果を得られるPerforming(機能期)のステージが訪れます(Tuckman,1965)。

組織はPerformingのステージに到達することで大きな成果を得ることが出来ますので、Formingからなるべく早くStormingとNormingを経てPerformingの状態に持っていきたいわけです。ただ意見の食い違いや対立がたくさん発生するStormingのステージは組織メンバーにとってストレスフルな状態なので、つい目の前の心地よさを求めて他人との対立を避けてしまいがちです。ですがここできちんとぶつかってお互いの理解を深めてこそ、適切なNormingやPerfomingのステージに行くことができます。つまりStormingは機能するチームになるための必要なプロセスであり、対立を通じて相互理解を深めることが大事なんですね。むしろ対立を避けること、発生した対立をそのままにすることは、ハイパフォーマンス組織への道を閉ざしてしまうのです。なので、多くのチーム・ビルディングを目的にした活動は、このStormingが発生する状況を人為的につくりだし、相互理解を深めることで早く組織をPerfomingのステージに持っていこうとします。

夫婦というチームも、ベビという新規参入者を迎えることで、組織内に対立がもたらされます。このStormingのステージではメンバー間の関係性は一時的に悪化しますが、有効なチームになるためにはここで対立を避けるのではなく、ちゃんとぶつかって相互理解を進める努力をすることが大事なわけです。とはいえ、対立に向き合うのはやっぱり大変な作業です。だから、その大変だけれど大切な作業を誰とやりたいのか、誰とチームになりたいのか、を妊娠する前に一度考えてみたほうがいいと思います。「この人が」自分を幸せにしてくれるかどうかは分からなくても、「自分が」この人とならStormingを乗り越えられるか否かは割と分かるんじゃないでしょうか。そして、Stormingのステージは大なり小なり必ず来るということを念頭に、出産前の余裕があるうちになるべくぶつかって相互理解を進めるという経験をしておくといいと思います。ぶつかることで関係性を一歩進めるという作業に慣れておくことで、産後に到来する産後クライシスをプラスの影響に転じることが出来るのだと思います。

そして、もしこのパートナーとならStormingを一緒に乗り越えることができると思えるならば、産後クライシスの心配はないのではないかと。それはつまり、クライシスが訪れないという意味ではなく、クライシスは訪れるだろうけれどそれを活かしてチームとしてさらなるステージに到達できるという意味で、心配ないのではないかという意味です。


IMG_1369.JPG
ムスメのおかげで、組織として進化させてもらいました。


posted by Kokubo at 22:00| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

【もしベビ】コソダテ組織と組織社会化

第2回では、早期におでかけすることで他者から学習する機会を得られるということを書きました。ゆるい第3回をはさみ、第4回ではコソダテに必要となる知識の学習について。

子どもが生まれることがわかってからは、仕事で新たなプロジェクトを取り組むときと同様に、情報を集めて対策を練りました。ある程度の年齢になるとこれまでに培った知識と経験でだいたいのことは適応出来ちゃったりしますので、ゼロから何かを学ぶという経験が著しく減りますよね。でも出産というイベントは別格で、私はこの小さな存在と一緒に暮らすためのあれこれ、すなわち子育てに関する知識をゼロから学ぶ必要性に迫られました。そして知識といってもたまひよ系のほのぼのしたものではなく、どんな条件においてどんな課題が発生するのか、その課題はどんな構造なのか、どのような対策がとりえるのか、そのときの判断基準は・・・といった具体的な知識と情報の収集です。

だけど、出産・育児にまつわる情報って、意外と体系化・概念化されてないんですねえー。産婦人科医や小児科医が医療面から書いているものはまだあるものの、医療以外の子育ての部分となると個人の経験談の集積しかない。経験談は経験談で意味がありますが、根拠や前提条件が明確でない情報は、自分に経験値がない状態ではうまく活かせないのですよねえ。なので、出産前にいろいろ調べたにも関わらず具体的なイメージが持てないまま、ムスメとの対面のときを迎える羽目になりました。とくに私は里帰りをせず育児休暇を取得した夫と二人で産後生活を過ごすという選択をしたので、「とりあえず経験者(母親)のやり方をコピーする」というやり方がとれず、自分で情報収集して知識や経験を習得せねばならなかったので、事前に対策ができないというのはとても不安。とりあえず、私が赤ちゃんの世話に集中できるよう子育て以外の部分(主に家事というルーティンワーク)を夫にアウトソースするという体制は決めたものの、皆が大変と言う「赤ちゃんの世話」が具体的に何で、なぜそんなに大変なのかはどうしても分からなかったため、経験しながら学習していくしかないと腹をくくりました。そして、おもむろにスタートするコソダテライフ。

では、皆が言う「出産後は大変だよー」とは実際はどういう状態だったのか。新生児は昼夜の概念を持たず飲みだめができないので、生命を維持するためには2〜3時間ごとに授乳をせねばならず、かつ授乳の所要時間が30分から1時間かかります。つまり24時間体制で3時間ごとに授乳というタスクが発生する中、この授乳と授乳のスキマ時間で、自分の生命と家庭の生活を維持するためのタスク、すなわち睡眠やら入浴やら食事やら家事やらをこなさなくてはならないわけです。もちろん交代要員はおらず、休日はありません。また、仮眠は長くて2時間しかとれないので慢性的に睡眠不足となり、精神的な余裕は失われます。そこに追い討ちをかけるようにベビが泣くことでプレッシャーがかかりますが、ベビが泣く理由は空腹やオムツだけとは限らないので、その原因究明と対応をうまく動かない脳みそと身体で行い、失敗すればさらにプレッシャーがかかる。そしてこの生活が1ヶ月続くわけです。確かにこれは大変だしウツにもなるなあと思いました。この状況は、例えば一定時間ごとに原因不明のエラーが発生する絶対止めてはいけないシステム(=ベビ)の対応をたった一人で任されてるエンジニア(=母親)を想像してもらえば、この時期の母親業のブラック度合が理解できるのではないでしょうか。

そんなブラックな状況の中で、出産した病院で助産師さんたちに教わりながら私はコソダテに関する知識を学習していきました。ただ、ふと気づくと着実に経験を積んでいる私と夫とで、知識の量に差がついていくんですよね。退院後に一緒に子育てをすることを考えると情報の非対称性はよくないと考えたので、私は自分が習ったことをすぐに夫に教えるようにしました。また育児の難しさの1つはベビが泣く理由の特定と対応ですが、これも泣いているムスメを私が一方的に引き受けるのではなく、仮説を立てて検証するというプロセスを二人で共有する方法を取りました。知識量が母親に圧倒的に偏っていたら父親としては母親に全部任せたくなっちゃうだろうし、母親としても父親に任せるのが不安になると思います。でもそうすると母親だけに子育ての負荷がかかり、その結果としてさらに知識量の非対称性が進むので、そういう悪循環に陥らないよう二人の知識量が常に同等になるように気をつけていました。

この私の努力は実を結び(笑)、夫と私の知識量はほぼ同じように増えていき、私が出来ることは夫も出来るという状況に。そうすると、例えば、21時-5時は夜に強い私が育児を担当してその間は彼に休んでもらい、5時に交代してそこから8時くらいまで私がしっかり寝るという、育児のシフト制を導入することが可能になりました。そして、寝るターンのときはたとえムスメが泣いてても放置して睡眠をとることを優先し、育児ターンの方も相手を起こさないというルールを徹底。おかげで私はクリティカルな寝不足を避けることができたし、夜の育児ターンがきついときも「あと○時間で交代だ」と考えることで精神的に追い詰められずに済みましたので、この体制は本当に助かりました。

このプロセスは、いわば夫婦という組織からコソダテ家族という組織へ強制的に移行させられた男性と女性の、コソダテ組織への適応すなわち組織社会化だと思います。組織社会化とは、新規参入者が組織に適応していく過程のことで、代表的なのは新入社員が会社になじんでいくプロセスです。新規参入者を組織に迅速に適応させることができれば組織は効果的に機能しますので、企業は新人研修などを通じてこの社会化を促進します。そして適応のための学習手段としては、経験による学習、観察による学習、伝聞や指導による学習の3つがあります。また組織社会化は組織参入後のプロセスですが、組織参入前に参入後のことを想定して適応の準備をするプロセスのことを「予期的社会化」といい、予期的社会化を適切に行うことで参入後の適応は早くなります。だから企業は新入社員に入社前研修を提供したりするわけですね。(参考:稲葉ら「キャリアで語る経営組織」有斐閣アルマ)

で、出産後は女性も男性も、コソダテ組織への適応を強いられます。ですが、出産直後から学習機会をたくさん与えられて経験を積む女性に対して、学習手段や時間が相対的に少ない男性はどうしても適応が遅れてしまう。そして適応できないことでモチベーションが低下し、モチベーションが低いので経験も増えず・・・というスパイラルにはまると、いわゆる「子育てに非協力な夫」というのが出来上がるのかなーと。たとえれば、毎日出勤して研修も受けられる正社員と、出勤は週に2日で研修もないアルバイトとでは、組織社会化のスピードは同じではありませんし、その結果としてモチベーションに差が出るのは仕方ないのではないでしょうか。だから二人そろって「コソダテのための組織」へシフトするためには、学習機会の少ない男性に(育児を作業として与えるのではなく)学習する機会をたくさん提供し、適応を促進することが大事だと思います。あと、経験談だけでなく概念化された子育て情報がもっと増えれば、予期的社会化が出来るのになと考えています。

我が家のように未経験者二人がいちから調べたり考えたりして子育てするのは効率は悪かったと思いますが、社会化のスピードが揃ったことで夫婦でのコソダテライフはスムーズになりました。そして二人で大変な時期を乗り越える経験は、チームとしての結束を強めてくれます。このときの経験を踏まえて、男性の社会化プロセスのスタートを遅らせる里帰り出産より、なるべく出産直後から夫婦一緒に適応プロセスを始められる状況を作ったほうがいいし、そのために男性も1〜2ヶ月くらいは育児休暇か時短勤務が出来たらいいなと思うようになりました。そして育児休暇は「育児をする期間」ではなく(育児はずっと続くから)、「コソダテ組織への適応期間」として捉えるといいのではないかなと思います。


ちなみに私が役に立ったと感じる本。

松田 道雄「定本育児の百科」
定本育児の百科 (岩波文庫)〔全3冊セット〕 -
小児科医が書いた子育てに関する情報。ニュートラルで根拠がちゃんと書かれているところがすきです。クリティカルかどうかの判断基準が「ベビの機嫌」というのは非常に分かりやすいし、ベビを普段からしっかり観察さえしていればいいんだと思えて過剰に心配しなくなりました。

宋 美玄「女医が教える これでいいのだ! 妊娠・出産」
女医が教える これでいいのだ!  妊娠・出産 (一般書) -
妊娠出産系では一番参考になりました。

鈴ノ木 ユウ「コウノドリ」(モーニングKC)
コウノドリ(1) (モーニングKC) -
周産期医療にまつわる社会問題について勉強してみるかと手を出したのですが、その点でとても勉強になったとともに、子どもが無事に産まれてくるのは多くの幸運が重なった結果なんだと考えるようになりました。特に3巻の産婦人科医と助産師の関係については、どちらかに偏った論者が多い中、両者のコラボレーションに焦点を当てた非常にバランスのいい表現になっていてとてもお勧め。


IMG_0665.JPG
入院中はずっとこの風景を見ながらお世話をしてました。だからムスメの出産の記憶は、新緑。


posted by Kokubo at 23:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

【もしベビ】うちの英才教育

20140707_003327665.jpg
さーお母さんと一緒にマネジメントを勉強するよ!

20140707_003324598.jpg
飽きた。



ムスメが読んでいるのはこれ。ムスメにはちょっと早かったようですが、とてもいい本です。実務家の方には、アメリカのビジネススクールで使われている教科書の翻訳ものはお勧め。分厚くて一瞬萎えるけど、とても平易に書かれているし、利用するシーンが具体的にイメージできます。
マネジメント入門---グローバル経営のための理論と実践 -
マネジメント入門---グローバル経営のための理論と実践 -





posted by Kokubo at 22:29| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

【もしベビ】ママ友ネットワークとグラノベッター

第1回ではおでかけハードルをさげるための育児グッズとしてBaby Bjornのベビーキャリアを紹介しましたが、私は初めての育児こそベビの1ヶ月検診が終わったらなるべくおでかけをしたほうがいいと思っています。こんな小さな赤ちゃんを連れ出して病気をもらったらどうしよう、出先での授乳やオムツ換えどうしよう、ベビーカーで電車乗ったら迷惑がられないか・・・等々、育児ビギナーの外出を萎えさせる要素はてんこもりなので、特に初めての育児では外出に対する心理的ハードルは高く、結果として引きこもってしまいます。私もそうでした。

でも妊婦時代に受講したマドレボニータさんのバランスボール・エクササイズのクラスで「産後クラスは産後2ヶ月目くらいで受講するのがお勧め」ということをあらかじめ聞いていたこと、育児休暇をとって一緒にフルタイム育児をしている夫に疲れが見えてきていたので一人で休める時間を作ってあげたかったこと、という2つの理由から、産後2ヶ月目でバランスボール・エクササイズに出かけました。もちろん初めてのお出かけは超・超緊張。でも「○日に産後クラスを受けるために出かける」という目標を掲げてお金も振り込んでしまったので、ベビーキャリアを購入したり、近所の商業施設のベビールームに見学に行ったり、ベビ連れで電車に乗る練習をしたり、その日に向けて心と備品の準備を進めました。しかし目的意識の効果は大きく、ゴールを設定したらなんだかんだで達成できてしまう。逆に設定していなかったら、ダラダラと初外出のタイミングが遅くなっていったと思う。

で、そんな感じで挑んだバランスボール・エクササイズで、たくさんの産後女性・いわゆる「ママ友」と出会いました。そしてこのママ友との出会いが、それ以降の育児を飛躍的に楽にしてくれたんですよね。

学習プロセスにおいては、他者の観察や他者との交流による学習は非常に効果的。特に育児のような形式知化や概念化があまり進んでいない事柄については、他者の観察はとても貴重な学習リソースです。私の場合、ここで第二子の産後女性(つまり育児は1回経験済みの人たち)を観察できたのがすごく役に立ちました。初めての育児がなぜ難しいかというと、閾値が分からないこと、そして分からないがゆえに慎重になりすぎてすごく高いところ(すなわち手をかけすぎてめんどい)、または甘く見すぎてすごく低いところ(後から気づいてももう遅い)に閾値を設定してしまうことだと思っています。でも先輩ママンを見ることで、閾値を適切なところに設定することが出来るようになります。あと、単純に第2子以降の子育ては相対的に適当になされているので、肩の力が抜けます。で、そうして閾値が設定できるようになった結果、私はとても育児が楽になりました。また、たぶん形式知化が進んでいないことが理由だと思うけど、知っている人だけが得をする情報の非対称性が育児に関してはたくさんあります。例えば保育園情報なんてその最たるもので、第1子ママンがわりとのんきに構えがちなのに対して、第2子ママンは妊娠中から活動を始めてたりします。

私は早期にお出かけしたために、そういったママ友ネットワークで交わされる有益な情報に早期にアクセスできたけれど、引きこもっていたらアクセスできない→学習機会を逃す→育児が大変なまま→さらに引きこもる、というループにはまると思います。だから、えいやと出かける、しかもなるべく早い時期に、なるべく自分にとって参考になる情報を持っている属性の人に会えるところに、といいんじゃないかと思います。

この現象を見ていて、ネットワーク理論でグラノベッターが提唱した「弱い紐帯の強み(The strength of weak ties)」を思い出しました。これは、情報の伝達において、濃い関係の人(strong ties)よりちょっとした知り合い(weak ties)のほうが価値ある情報をもたらすという理論です。より具体的にいうと、strong tiesの人は自分と持っている情報に重複が多いため、あまり新たな情報をもたらしてくれる存在ではないのに対し、weak tiesの人は情報の冗長性がずっと低いので、新たな情報をもたらしてくれる可能性が高い。だから情報の探索においてはweak tiesのほうが有益だ、というお話です。そして、ママ友ネットワークってweak tiesなんだなと腑に落ちました。

ママ友ってなんかイメージ悪いじゃないですか。うまく付き合わなければ仲間はずれにされる的な。そんな人間関係に私は果たして適応できるのかって不安だったけど、これはweak tiesのネットワークなんだ、その中で気が合う人に出会えたらそれは幸せなことだけど、情報交換が目的の関係性なので別にがんばって全部の人と深い関係(strong ties)になる必要はないんだと思えたら気楽になりましたし、自分が出会うべきママ友がどういう人なのかということも分かり、ママ友作りに積極的になることができました。そしてママ友が増えるのと比例して、育児は楽になっていきました。

20140611_030800643_iOS.jpg

マドレさんのエクササイズでは、エクササイズ中はベビたちはこんなかんじで会場の真ん中に転がっています。ベビがたくさんそろうとかわいいですね〜。ちなみに手前にいる水玉服ベビが私のムスメです。



posted by Kokubo at 23:01| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。