2016年12月31日

育休プチMBA勉強会について2017

ikukyu_header.jpg

育休プチMBAでは、育休から復職して働く人に必要な実践力を以下の3つに定義し、これらの力をビジネス・スクール(経営大学院)等の実務家育成の場で活用されているケースメソッド教育によって習得することを目指しています。詳細については、育休プチMBAを監修するワークシフト研究所のページをご覧ください。

育休プチMBAについて


【メディア掲載歴】
プレジデントオンライン: 授乳しながら学べる「育休MBA」
ハフィントンポスト: ママが育休中に、授乳しながらMBAを学んでみた【女性の働きかた】
NHKニュース: 「おはよう日本」「おはよう静岡」「おはよう東海」
日経DUAL: 赤ちゃん片手に経営を学ぶ「育休プチMBA勉強会」育休ママ達の「経営を学びたい」という声から生まれた会。関係者が全員育休中という場で、参加者が学ぶものとは?(上) 
日経DUAL: 育休中ママの人材価値を上げるMBA勉強会の実力 「子育て中だからこそ管理職になる意義がある」。その会で学んだママ達が続々と「管理職」を目指すようになる理由とは?(下)
AERA2015年6月29日号: 「仕事を離れる」を武器に変える方法
WorMo’的ワークスタイル: マネジメント思考で働き方が変わる
経営プロ連載(2015年10月)女性が管理職になりたがらないほんとうの理由 第1回第2回第3回第4回第5回
週刊エコノミスト寄稿(2015年12月15日号) 「女性活躍」が進まない本当の理由 業務軽減だけでは“ぶら下がり”に
Saison CHIENOWA 「マネジメント思考」は育児にも活かせる。週末プチMBA研究会に参加してみた

(2017/2/3」更新)


posted by Kokubo at 04:27| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 育休プチMBA勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

コドモと一緒に金沢

ふと考えれば金沢は2007年から毎年2-3回ほど仕事で訪れています。ムスメが生まれてからは子連れで出張していますが、金沢は子連れで行くととっても楽しい町だと感じていますので少しご紹介。参考までに、出産前の金沢訪問記はこちらこちら

【コドモと一緒に遊ぶ@金沢】
金沢21世紀美術館
金沢子連れ旅なら絶対に21世紀美術館はいくべし!です。建物の中もお庭も、お子様向けアートプログラムもあり、ほぼ一日遊べます。出産前に行っても楽しかったですが、実は子連れのほうがもっと楽しめました。有料ゾーンと無料ゾーンがあり、屋内だけでもかなり楽しめますので、雨の日の訪問もオススメ。

20150924_065956560_iOS.jpg
この辺は無料ゾーン。
20150925_021954308_iOS.jpg
レストランのコドモ食器もカワイイ
20151021_055855590_iOS.jpg
晴れたらお庭の遊具で遊んだり、シャボン玉したり。

兼六園もいいのですが、敷地が広すぎてけっこう歩かなくてはいけない上、砂利道なので子連れには少々辛かったです。
20151022_003656896_iOS.jpg

鈴木大拙館
禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者、鈴木大拙の博物館。21世紀美術館から大人の足で10分ほどのところにあるのですが、私はここが大好きです。子連れには敷居が高く見えながらも、トイレにはオムツ替えシートがありました。掛け軸やら花器やらが展示されていますが、ちゃんと親が気をつけていれば子連れでも文句言われません。ただ子どもがダイブしたがりそうな水場があるのでそこは十分にお気を付けください。あと、入館料なしで行ける外の遊歩道が、子どもとお散歩すると楽しいです。

daisetsu.jpg
ひたすら美しい。
20150925_011134413_iOS.jpg
コドモがダイブしないよう注意
20150925_011553834_iOS.jpg
外の遊歩道。紅葉の季節は最高。

近江町市場
近江町市場は観光地化している市場なので、エンタメ性が高くて子連れフレンドリー。ぶらぶら歩くだけでも楽しいですが、食べ歩きをしたり、加賀野菜や蟹を宅配便で送ったりできます。またこの近江町市場のある近江町プラザ3階には、「ちびっこ広場」というこどもの遊び場&一時預かり場所があるそうです。冬の北陸は香箱ガニや水ガニといった産地ならではの蟹がとっても美味しいのですが、蟹の外食は子連れだとちょっと厳しいのでここで買って自宅で食べるといいかも。

20150924_235010702_iOS.jpg
市場はテンションあがる

ひがし茶屋街
市内に3つもある茶屋街(ひがし・にし・主計町)や長町武家屋敷跡は、子どもとぶらぶら歩くと楽しいです。中でもひがし茶屋街には重要伝統的建造物群保存地区であり、ここにある江戸時代末期の町家を復元した無料休憩所「ひがし茶屋街休憩館」は畳敷きなので子連れには助かります。ちなみに長町武家屋敷跡も迷路みたいで散策が楽しいですよ。私は「武家屋敷跡野村家」で歴史のある日本庭園を眺めながらお抹茶をいただくのが大好きだったんですが、これは子どもがもう少し大きくなるまで封印かな・・・
20151022_023437912_iOS.jpg
ひがし茶屋街休憩館で寝落ちするムスメ

【コドモと一緒に食事@金沢】
もりもり寿司
金沢はお寿司が美味しいのですが、特に「なんでわざわざ高い寿司屋にいくの?」って地元の人に言われるくらい回転寿司のクオリティが高いです。中でも近江町市場や金沢駅の隣にある商業ビル「フォーラス」にもあるもりもり寿しはおすすめ。ただ常に行列しているので訪問は戦略的に。大人は美味しいお寿司を気軽に食べられるし、子どもは細巻や茶わん蒸しを食べられるし、回転寿司は便利ですね。

香林坊らくや
ホテルのコンシェルジュに子連れで食事ができるところを訊ねて教えてもらったお店。香林坊から歩いてすぐ。雰囲気よし・金沢料理が食べられる・子連れで行ける町屋居酒屋です。事前に電話するのがおすすめ。
rakuya2.jpg
娘は加賀野菜の煮物と煮魚がお気に入り

金澤町家料亭 壽屋
江戸時代に建てられた建物の中で加賀料理をいただけます。金沢はお茶文化がありますので、懐石料理や和菓子がとても発展していますので、料亭を金沢旅行のコースに組み入れるのは個人的にとてもオススメです。ただ子連れで懐石料理はさすがに難しいなあと思っていたところ、こちらは法事利用が多いために子連れには慣れているとのことです。4人くらいで使える個室があるのも子連れにはありがたい。壽屋さんからひがし茶屋街までは大人の足で15分くらいなので、食後にぶらぶら散歩するのも楽しいかと。予約必須です。
20151022_015538247_iOS.jpg
雰囲気がステキ!

【コドモと一緒に泊まる@金沢】
金沢東急ホテル
金沢の中心市街地である香林坊にあり、21世紀美術館が徒歩圏、近江町市場もバスで2駅ほど。ここを拠点にしてうろうろして、こどもが疲れたら戻ってホテルでお昼寝するという使い方をするにはとても便利なロケーションです。サービスもよく、朝ごはんのバイキングは豪華。ただベッドの部屋しかありませんので、子連れのときはベビーベッドを入れてもらっています。

※私は仕事のロケーションの都合でいつも東急ホテルなのですが、プライベートでいくならここもいいなと思っているところを2つご紹介。未訪なので保証はしかねますが、地元の人に教えてもらったので悪くないはずです。

ホテルパシフィック金沢
北陸新幹線効果でホテル代が高騰している金沢において貴重なコスパのいいホテル。ここの畳の部屋は子連れ旅行にいいと思います。素泊まりですが、近江町市場が近いので食事には困りません。

金沢・湯涌温泉 銭がめ
少し市街地から離れるため車が必要ですが、源泉かけ流しの温泉と山菜や川魚の料理が楽しめる宿。加賀百万石前田藩主が鷹狩りの休憩所として使用していた庄屋屋敷を利用しているそうです。食事のみ・温泉のみでも利用可。

【そのほか子連れ旅情報@金沢】
金沢駅直結の「あんと」という商業施設の中に、「金沢駅こどもらんど」というこどもの遊び場があるそうです。次回からは新幹線に乗る前にここでひと遊びさせることで移動が楽になりそうです。大人が二人以上いるときは、お土産購入と手分けもできますね。また金沢市内には、貸し出しベビーカーのサービス「ベビのり」もあり、数カ所にあるポートのどこでも借りられてどこでも返せるシステムになっています。

総じて、金沢は子連れ旅にはとてもいいところだと思います。
posted by Kokubo at 17:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

コドモと一緒に石垣島

今年の冬休みは夫婦で長くお休みをとることができたので、この機会を活かそうと1歳8か月の娘を連れて石垣島に行ってきました。で、行ってみた結果として石垣島は子連れの旅行先としては理想的だったので、また訪問前にいろんな方に情報をいただいたのでお返しの意味も込めて、ブログで記録しておきます。

まず、私が子連れ旅行で大事だなーと思うこと3つとその理由です。

1)自宅からのアクセスが良い
うちの娘はイヤイヤが始まっているので、さくっと行けるところでないと移動だけで疲れちゃうなーと。今回は静岡空港から出ているANA便で那覇で乗り換えて石垣島に行きましたが、フライトは長くて3時間程度。そして静岡空港を使ったので、自宅から車で1時間、そして駐車場が無料!自宅から車で空港に行けるのは荷物の多い子連れ旅には有難く、しかも飛行機を降りた1時間後には自宅に到着しているというのは、羽田慣れしている身としてはものすっごく楽でした。地方空港いいですね。
shizuokaap.jpg
搭乗前にコドモを発散させることで、飛行機の中で寝てもらう作戦。

2)医療機関が近いこと
こどもの体調は何があるか分からないので、万が一のときに医療機関が近いところだと安心できます。竹富島も魅力的だったのですが、医療機関という点で離島は不安だったので今回は石垣島に滞在して日帰りで竹富島にいく、という手段を選びました。結果的にお世話になることはなかったのですが、一度体調を崩したので、いざとなったら駆け込める病院があることは安心感につながりました。あと竹富島は自然が素晴らしいのだけど、自然しかないので雨が降るとちょっと子どもが退屈するかも?と思いました。
IMG_6724.JPG
石垣島のビーチは十分にきれいです。

3)雨の日でもアクティビティに困らない
夫婦だけのときはリゾートで本を読むという休暇の過ごし方が好きだったので天気は関係なかったのですが、こどもは晴れても雨でも外に遊びに行きたがります。なので雨が降ったときに遊ぶ方法がある場所かどうかは子連れにはとても重要かと。また親もちゃんと休暇を楽しむためには、雨の日に部屋や敷地内で快適に過ごせるような宿を選ぶといいと思います。今回はフサキリゾートにしたのですが、部屋は広く、レストランもプライベートビーチもあるので、敷地内で1日過ごせるので子連れには最高の宿でした。特に今回は旅程の半分以上雨に降られたので(泣)、下手にケチってたら休暇なのに疲れ果てる結果になったろうなーと思っています。
hotel.jpg
わざわざ出かけなくても敷地内でお散歩できる有難さ

で、そんな感じで行った石垣島はとても楽しかったので情報共有を。残念ながら私たちの滞在中はお天気が悪い日が多かったのですが、その分晴れた日は存分に楽しみました。
beach.jpg
ビーチの夕暮れ

石垣島の雨の日アクティビティとしては、ユーグレナモール(商店街)散歩、鍾乳洞、やいま村(リスザル餌やり、琉球衣装、サーターアンダーギーつくりが出来ます)、シーサー作りや琉球グラスつくり等。ユーグレナモールは小さい商店街なのですが、「バニラデリ」のハンバーガーが美味しく、「さんぴん工房」で娘とおそろいTシャツを買ったりしました。
t-shirt.jpg
子どもサイズも親サイズも同じ値段なので、セットで買うとオトク感。

川平湾はお天気がいい日に行けなかったのが残念。天気がよかったらヤドカリ探しをしたかった。でも海底が見えるグラスボートを子どもは楽しみました。あとPinacoladaというパン屋さんのパンが美味しく、いいランチになりました。
IMG_6691.JPG

石垣港から船で15分の竹富島は最高に楽しく、日帰りで2回も行きました。水牛車たのしい。なお「かにふ」という食事処は美味しいし子どもフレンドリーでした。入口にハンバーグとエビフライをもったシーサーがいまして、娘にウケてました。

IMG_6618.JPG
12月なのにお花だらけ

IMG_6783.JPG
娘が超気に入っていたレンタサイクルでの散歩。

IMG_6726.JPG
コンドイ浜は猫だらけで、岩合光昭さん気分を味わいました。

あと私のオススメは西表島です。石垣港から船で45分の離島なのですが、島内のアクセスが悪いので石垣島発のツアーに参加するのがおすすめ。私たちは「やまねこツアー」というところの半日コースに申し込み、マングローブクルーズと由布島(水牛車に乗って上陸する島全体が植物園の小さな離島)訪問をしましたが、子連れには時間の長さや運動量がちょうどよかったです。
IMG_6877.JPG
水牛車だけでなく、人や車もざぶざぶ歩いていたのがおもしろかったです。

娘は八重山そばともずくをとても気に入り、おかげで食事には困りませんでした。親は泡盛のおいしさに目覚めたり、石垣島ビールとオリオンビールを堪能したりしました。あと石垣牛はとってもおいしくて、石垣空港でハンバーグと切り落としを購入しました。
beer.jpg
石垣島ビールは、瓶のリサイクルチャネルがあるため島内で買うと100円安いそうです

そんな感じの石垣島旅行でした。しかし、子連れ旅行に関しては、ガイドブックやWEBサイトよりもリアルなママ友情報が最強ですね。おかげさまでものすごく快適に過ごせましたYO!
IMG_6775.JPG
posted by Kokubo at 11:13| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もしベビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

週刊エコノミストに寄稿しました

週刊エコノミスト2015年12月15日号に寄稿しました。WEBでも読めます。
「女性活躍」が進まない本当の理由 業務軽減だけでは“ぶら下がり”に

20151207_235846000_iOS.jpg
posted by Kokubo at 06:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしごと日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。